2010年07月22日

みち

P1010714raws.jpg


LUMIX G1 / G 14-45mm
14mm(換算28mm相当) F8.0 ISO100



G1はバリアングルな上に46万画素もある見やすい液晶を積んでいますので、液晶でのハイ/ローアングル撮影が楽しいです。

ちょっとアンシャープマスクのようなものをシルキーでかけていますが(←ナチュラルファインって設定です)、それにしてもG1はE-3なんかと比べて解像感が良いなぁと感じます。G1も凄いですが14-45mmキットレンズも恐ろしいレンズですね。このセットが38000円で買えたのだから、E-500のころから考えれば凄い時代になったものです・・・(^^;




昨日は久しぶりにワクワクさせられるような新製品が出ました。
富士フィルムの『F300EXR』です。
コンデジとしては珍しい(というか私は昨日発表された2機種以外他に知りませんけど)位相差式のAFを搭載しています。レフが無いのに位相差式が出来るカメラ、まさかこれほど早くに登場するとは思っていませんでしたので驚きです。
正直、このカメラの位相差式がどれほどアテになるのかは分かりません。ですがこのシステムが順調に進化していけば、ミラーレス機でも位相差式が可能になりますので楽しみですね。




ラベル:G1
この記事へのコメント
PIN@E-500さん、こんにちは。
こちらの記事を見て早速デジカメウォッチの記事も読んできました。
これは楽しみな技術ですね〜。(^^)
FUJIもせっかくいい技術を持っているんですからミラーレス一眼で復帰すればいいのに。。で、出来ればM/フォーサーズ規格で。。なんて妄想してました。(^^)
Posted by とこまる at 2010年07月22日 09:59
位相差画素をイメージセンサーに内蔵って、
想像もできない凄い世界ですね。
確かパナもこの技術に取り組んでいたと思いますが、
自分も、FUJIがこんなに早く製品として出してくるとは思ってもみませんでした。
やはり、4/3ユーザーとしてはマイクロでも積んでくるのでは?と期待が膨らみますね!!
Posted by Hiro Clover at 2010年07月22日 21:59

とこまるさん

期待が膨らむ新技術ですよね^^
S5PROの写真を見ると、未だに十分第一線で活躍できる素晴らしい画質だなぁと感心します。是非ともマイクロフォーサーズに入って、位相差AFを役立てて欲しいですね!

Posted by PIN@E-500 at 2010年07月22日 22:44

Hiro Cloverさん

ついにこの夢の特許が実現したのか!!という感じですね!ハニカム構造は位相差AFのセンサーを組み込むのに有利な撮像素子らしいですよ。

マイクロに参入してくれれば嬉しいですね!総合的に上手いパナソニック・ボディ内ぶれ補正と色表現のオリンパス・独自センサーで画質の良い富士、となれば楽しみが増えます^^

Posted by PIN@E-500 at 2010年07月22日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。