2010年08月25日

森林

Q2209239_raws.jpg





Q2209272_raws.jpg


E-3 / ED12-60mmSWD
1枚目:12mm(換算24mm相当) F4.0 ISO250
2枚目:12mm(換算24mm相当) F4.0 ISO640



結構暗いシーンだったんですよ、このうっそうと茂った森の中は(今回の写真は割と明るめのシーンですけどね)。
でも強力な手振れ補正のお陰でぶれの心配は無かったです。

この日は荷物の量が半端無くて、山の帰り道にはかなり後悔していました(^^;
まずE-3に12-60mmと150mmF2.0とEC-14、次にG1に9-18mmとPlanar35mm、最後にOM10とOM28mmF3.5、という構成でした。
他の荷物もあわせて10kg近く、出発前にだいぶ悩んだのですが、結局持ち出して・・・。しかも最重量の150mmF2.0は使わず仕舞い・・・。まあ、150mmは持ち出して使わないこと良くあるのである程度予想はしていたんですけどね(^^;
スーパーハイグレードレンズを数本持ち出せる人って、すごいなって思います、本当に。あとは大きな三脚を担いで山に入って行く人も凄い。それだけ強く、美しい作品を残したいという想いがあるんでしょうね。



ところで、案の定というべきでしょうか、オリンパスが今日発表する説はデマに終わったわけで、いつになるやら・・・?という感じでしょうか。
明日は本当にキヤノンとパナソニックの発表があると思いますけど、こうも噂が外れてくると、心配になりますね(^^;
どこかの会社が、ミラーレス市場に参入してくるという噂もありますし、明日は色々面白くなりそうです。

個人的には、パナの100-300mmに注目。600g程度で開放からシャープなレンズなら・・・。


ラベル:E-3
この記事へのコメント
こんばんは。
サブにマイクロだとかなり軽量化できますが、
それでも松で広角から望遠まで揃えられてる方だと持ち出すのは辛そうですよね。
キヤノンやニコンの大砲レンズだともっとでしょうが、、。

ps,コシナのマイクロフォーサーズ参入が発表されましたね。
Posted by Hiro Clover at 2010年08月26日 18:52
Hiro Cloverさん

基本的には軽量な機材の方が有利でしょうね。タフで比較的軽量となると、E-3+ハイグレードやK-7にDA☆ズームあたりが普通の人には限界かと・・・。
大砲レンズは厳しすぎます、いろいろな意味で(^^;

コシナの25mmF0.95、凄いのが来ましたね!
しかも、シグマとは違って専用設計というところに感動しました。一つ買って、今後も新しく面白いレンズを出してくれるように応援したいくらいです^^
Posted by PIN@E-500 at 2010年08月26日 21:17
私は山歩きや登山が好きで、よくカメラを背負って歩いたものです。
最近はご無沙汰していますが。。。
昔はカメラと言っても、OM10にズームが一本程度でしたから、楽でしたね !
今は ?と言うと、正直、無理な気がします。
せいぜい、L10にVE14-150がいいとこでしょう。。。

E-5はかなり情報が交錯しているようですね !
最新の情報だと、15Mピクセルに19点AFとか。。。
マルチアスペクトやファインダー情報スクリーン?等が搭載 ??!
ちょっと楽しみになってきました。
Posted by フォトン at 2010年08月28日 22:15
フォトンさん

フォトンさんはOM10で山歩きをされていたのですか!OMは全体的に軽い機材が多くて助かりますよね。
L10にエルマー14-150mm、手振れ補正もあり、画質も良し、そして軽い良い組み合わせだと思います!

E-5の情報は毎回内容が変わっているので、一体何が正しいやら・・・?という感じですね。個人的にはもしかして当分は出てこないのかな・・・と感じ始めています。
妥協せず良い方に向かって欲しいなと思います。
Posted by PIN@E-500 at 2010年08月29日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。