2011年08月31日

ファンタジックフォーカス+ホワイトエッジ 『風』

P1050944s.jpg




P1050964-2s.jpg


LUMIX G1 / G VARIO 100-300mm
1枚目:197mm(換算394mm相当) F8.0 ISO100 ソフトフォーカスフィルター
2枚目:300mm(換算600mm相当) F5.6 ISO125
アートフィルター『ファンタジックフォーカス』+アートエフェクト『ホワイトエッジ』
SILKYPIX



アートフィルター等の記述(横線で削除してある部分)は嘘です。
(アートフィルターは一部のオリンパス機でしか使えません。今回のカメラはパナソニックのG1)

パナソニックのカメラに付属のSILKYPIXでオリンパスのアートフィルター風の現像(ファンタジックフォーカスにホワイトエッジ)を目指してみました。デイドリームTにホワイトエッジにも見えますけどね・・・。
SILKYPIXでの現像パラメーターは、
1、テイスト『スウィーライトブルー』適用。
2、レンズ収差補正→シェーディング補正で、周辺光量を思いっきりプラスに。
3、露出を調整。
だけです。2と3は任意で好きなに程度かけてください。

ちなみに一枚目はケンコーの『ソフトンスペックA』というソフトフォーカスフィルターをつけています。思ったほど効果が強くなかったですが・・・。ソフトンスペックB(効果強めの方)だとたぶん強すぎると思うので、ちょうど良かったのかな・・・?

個人的には、フィルターは質が良いのでマルミ光機の製品を買うと決めているのですが、今回はわけあって仕方なくケンコーのにしちゃいました。
マルミのソフトファンタジーというフィルターも試したのですが、ちょっと私の用途には合わなくて・・・。これに関してはまた後日書くつもりです。





ラベル:G1
この記事へのコメント
お久しぶりです。
お写真素敵です。参考にさせていただきます。
Posted by samulai at 2011年09月01日 09:00
こんばんは。
SILKYPIXでの現像でここまで変化を楽しめるんですねぇ。(^_^)

最近、また試用版を試してるんですけど、
ノイズ除去機能が素晴らしくて、製品版かなり欲しくなっちゃいました。
でも、未だにDP1xに対応してないのはなぜなんでしょうね〜。(^_^;)
Posted by Hiro Clover at 2011年09月01日 19:55
samulaiさん

ありがとうございます。

付属ソフトとはいえ、SILKYPIXはRAW現像ソフトとして非常に優秀かつ簡単だと思うので、色々使わない手は無いと思いますよ^^
Posted by PIN@E-500 at 2011年09月01日 22:20
Hiro Cloverさん

SILKYPIX、本当に良いソフトだと思います。
今回使ったのはパナソニックに付属のものですが、パソコンを買い換えたら製品版のDSP5を買いたいなぁ・・・と思っています。
とはいってもまだまだパソコン買い換えないと思いますが・・・(^^;

ノイズ除去はあまり試さなかったので分かりませんが、DSP5では優秀になったとメーカーでも主張していますね。
長時間ノイズを上手く減らしてくれると嬉しいなぁと思っています。
Posted by PIN@E-500 at 2011年09月01日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。