2011年09月11日

海と月夜

P1060250s.jpg


LUMIX G1 / G VARIO 14-45mm
14mm(換算28mm相当) F4.0 ISO1600
SILKYPIX



練習なのでボヤボヤですが気にしないでください・・・。無謀なことに手持ちです・・・。


G1を使っていて結構気になるのが、暗所でのAF性能です。
一応G1にはAF補助光が付いていますが、この写真を撮影したときには何ら効果がありませんでした。
何度も流木に補助光を当てて試したんですけどね・・・。

E-3を使っている身からすれば、月明かりがあるならAF合わせてくれー!と思っちゃうわけです。
G1の暗所AF性能が優れているか劣っているか実際のところは分かりませんけど、コントラスト式AFのシステムなので、恐らくは一般的な位相差式AFを採用している一眼レフよりは劣るのではないかなぁ・・・?というのが私の考えです。
尤も、私が昔使っていたE-500と同等以上の能力はある印象ですけど・・・。

とにかく、G1は暗所でAFが利かない・・・。
当然MFで合わせようと思いますよね?

問題は、G1だとMFで合わせることもほぼ不可能だということなんです。
これ、パナソニックユーザーになるなら覚悟しておくべき問題だと思います。

というのは、AFが利かないような闇では電子ビューファインダーで被写体を視認することすら出来ないからです。
全く何も見えません・・・。ファインダー内は真っ暗!!

オリンパスのPENはどうなのか?あれも背面液晶か電子ビューファインダーしかないじゃないか!と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、たぶんオリンパス機では大丈夫です。
それはオリンパス機には『ライブビューブースト』という機能があって、簡単にいえば撮影時に増感してファインダー内を明るく見やすくしてくれる機能があるからなんです。その代わり、表示はザラザラの白黒になりますけどね。でも構図が確認できるようになるので、非常にありがたい機能なのです。
ちなみに、私のE-3にはもちろん、最新のE-PL3にもしっかりこの機能が残っていることを先日確認してきました。良かった・・・。

最新のパナソニック機ではどうでしょうね?こういった機能がないと、星の撮影も大変ですし、花火やその他もピント合わせに苦労しそうです・・・。




ラベル:G1
この記事へのコメント
淡い夕焼けいいですね。素敵です。
ちょうど私も月と海を撮りにいこうかなとおもっていたところです。大変参考になりました。
Posted by samulai at 2011年09月11日 20:50
sumulaiさん

私は夕焼けだけ撮るつもりだったので三脚は無しでしたが、やはり夜景には三脚必須ですね・・・。
EVFでの手持ちではMFも全く上手く行きませんでした。

Posted by PIN@E-500 at 2011年09月11日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。