2011年09月29日

羽田発(Hawaii編2)

Q2163254rawds.jpg


E-3 / ED 12-60mm SWD
25mm(換算50mm相当+トリミング) F4.0 ISO400
OLYMPUS Viewer 2



いつもオリンパスビューワー2でRAW現像する場合には、基本的にはアンシャープマスクと露出補正くらいなものです。加えて今回は諧調をローキーに変更してみました。
ビューワー2って何故かRAWでは傾き補正や歪み補正が使えないんですよね。一旦RAW現像したあとに、Jpeg画像で手直ししなければならないのは面倒だと思うのですが・・・。


ところで、空港ってなかなか楽しいところですね。
用がなくてもカメラを持って出かければ、なかなか興味深いのではないかと思いますよ。
一度じっくり写真を撮りに行きたいものです。





ラベル:海外編 E-3
この記事へのコメント
あっ、そうなんですよね。
自分も傾き補正とかがRAWでできないのどうして?っていつも思ってました。

ところで、空港特に国際線とかはPENとか持っていくとパシャパシャやっちゃいます。

今までで一番たのしかったのが
マレーシアのクアラルンプールや
シンガポールのチャンギ国際空港ですね。
Posted by のぶっち at 2011年09月29日 23:19
OV2、色々使い難いところありますよね〜。
編集画面でできる項目はRAW現像画面でも、
すべてできるようにして欲しいですよね。
あと、傾き補正時に方眼表示できるようにして欲しいです。

空港での撮影ってほとんどしたことないんですけど、
撮影目的で行くというのも楽しいかもしれませんね。(^_^)
Posted by Hiro Clover at 2011年09月30日 18:12
のぶっちさん

ViewerのRAWでも対応してもらいたいですね・・・。

空港での撮影、楽しいですよね^^
クアラルンプールやチャンギ国際空港というところには行ったことがありませんけど、空港にはそれぞれ個性がありますよね。

Posted by PIN@E-500 at 2011年10月01日 00:09
Hiro Cloverさん

Viewer2になってから、マスター2より遥かにマシになりましたけど、まだまだインターフェースに問題がある感じがしますね。
グリッドライン表示、確かに欲しいです・・・!!これが無いと、傾き補正が難しくて・・・。

Posted by PIN@E-500 at 2011年10月01日 00:12
私は、空港で空を撮るのが好きです。
空港は背の高い建物や電線がないので、空がとても広いです。
地方の空港では、昔ながらのタラップで乗る場合が多く、
乗る直前とかに撮影できます。
ボンバルディアに乗るのはちょっと怖いですが。。。
Posted by フォトン at 2011年10月01日 22:50
フォトンさん

空港は確かに空が広く入れられそうですね^^
私は昼の空港を訪れたことが無いので実際には見たことが無いですけど、写真では広い空の入ったものを見ることがあります。

事故はこわいですね・・・。飛行機では身を守るすべがありませんから。
Posted by PIN@E-500 at 2011年10月04日 00:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。