2011年12月18日

紅葉

Q2184439-2raws.jpg


OLYMPUS E-3 / ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0
150mm(換算300mm相当) F2.0 ISO100
OLYMPUS Viewer 2



久しぶりに150mmF2.0を持ち出しました。
今日のお供はE-3に150mmF2.0と、パナソニックのG1に20mmF1.7という組み合わせ。
(一応、パナの100-300mmも持っていましたが、使う機会なし。)

私はかなり単焦点レンズを好む方だと思いますが、理由は3つあります。
1:明るい
2:クリアな写真が撮れる(ような気がする・・・)
3:撮っていて楽しい


で、今回はこの3の話を。


ズームレンズはズームできる分だけ当然ですが便利です。失敗したくないとき、レンズ交換する暇がないけど何を撮るか決まってないとき(色々対応しなくてはいけないとき)、荷物を減らしたいときなんかはどうしてもズームを選びたくなります。

単焦点レンズは、ズームできません。ですから、決まった範囲を写すことしか出来ません。
でも、その割りきりが好きなんです。
そのレンズで撮るのが難しい場面で、なんとか工夫するか諦めるか、自分のセンスと実力が試される感覚・・・。
そのレンズの視界を自分の頭に叩き込んで、ピタリと枠に嵌るように撮影出来たとき、ちょっと自慢げな気分になれるっていうのは、ズームレンズでは得られないと思います。

逆に、漫然と撮影した場合でもそこそこ使える写真になるのは、ズームレンズで撮影した写真です。単焦点で漫然と撮影したものなんか、たいていは後で見る気にさえなれません・・・。


毎回60〜80点を出せるのがズームレンズだとしたら、1点から99点まで自分の使い方次第っていうのが単焦点、ってところかな・・・と。


良いも悪いも自分の撮り方次第で結果がはっきり出てしまう単焦点レンズは、『今、撮影しているんだ』という感覚を呼び覚ましてくれるものだと思います。
マンネリ写真に飽きてきてしまったときには、ストイックに単焦点だけで出かけてみると、難しいけど充実するかもしれません。



・・・ってこんな感じの話、何度か書いているような気がしますね(^^;
ズームにはズームの良さが、単焦点には単焦点の良さがあるって話でした。
(※上に書いた文章、ズームレンズで99点が取れないって意味ではないです。ズームレンズを単焦点レンズのように使いこなせるようになれば、きっと可能性は無限大!ですから・・・。)



最後に、上の写真の横バージョン。


Q2184436_raws.jpg


150mm(換算300mm相当) F2.8 ISO100
OLYMPUS Viewer 2







ラベル:E-3
posted by PIN@E-500 at 22:57| Comment(10) | 望遠レンズ ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

鮮やかなお写真ですね!
抜けもよく、すっきり。
美しいです。
しかし、昨今のデジ用レンズ。
150mmで開放F2.0と言うのは、アナクロな私には凄すぎます(笑)。

私は昨今は、単焦点が殆どです。
お書きのように、割り切って撮れますよね。
また、単焦点は本当に勉強になります。
そして・・・何となく単焦点は、禁欲的でカッコよく感じてしまいます(笑)。
そして、50mmは実に難しく感じます。

フィルムと言う事もありますが、単焦点での撮影が難しく感じる場合は、その被写体を諦める事が多いです。

一方、久々に、広角ズームも持ち出しました。
これが・・・便利ですし、17,21,24,28,35という、広角側の焦点距離を全部カバーしてくれるので、重かったですが楽でした(笑)。

お書きの点、全く同感です。
単焦点は、自分次第で1〜99点の写真が撮れてしまいますよね。
また、ズームを本当に上手に使いこなせれば、凄いと思います。
これ以上、万能な得物はないわけですから・・・。

少し先になりますが、DK−20の記事をアップします。
その際、お名前を記事中でご紹介してもよろしいでしょうか?
本当に、助かりましたから(笑)。
よろしければ、可否をお知らせ下さい。
Posted by ユニオンジャック at 2011年12月19日 22:19
ユニオンジャックさん

お褒め頂きありがとうございます^^

このレンズは150mmという焦点距離からは想像し難いほど大柄ですが、大きいだけあって惚れ惚れするような写真を撮らせてくれます。

単焦点が禁欲的で格好良いという感覚、分かります!
ついついストイックに「写真に向き合う」という自分の姿勢というか、撮り様(?)に酔ってしまいますよね(笑)
50mm相当の画角にもいずれチャレンジしていきたいです。標準を極めてこそ、もう一歩新しい世界に進める気がするので・・・。

DK-20の記事、大丈夫ですよ!
あのような拙い記事がお役に立てたのでしたら幸いです。このような提案をしていただけたこと、嬉しく思っていますので、どうぞ自由にお使いください^^

Posted by PIN@E-500 at 2011年12月20日 01:38
PINさん、お久しぶりです。

レンズの記事とても興味深く読ませていただきました。

私は単焦点レンズしかもっていないので、ズームレンズについて非常に関心が高まっておりましたが、購入はもう少し先になりそうです^^
Posted by samulai at 2011年12月20日 14:22
こんばんは。
単焦点レンズで色々と工夫しながら撮るのもまた楽しいですね。
自分は動物を撮ることが多いので、シャッターチャンス優先で、
どうしてもズームレンズのほうが出番が多くなりますが、
最近は単焦点レンズでじっくりと撮るのも好きになってきました。

あと、明るい単焦点というのは表現の幅が広いのが良いですね。(^_^)
Posted by Hiro Clover at 2011年12月21日 19:01
こんばんは〜。

本日はご連絡をば。

リンクの件、ありがとうございます。
拙い当ブログ出恐縮ですが、どうぞお願いいたします。
早速、こちらも貼らせて頂きました(笑)。

また、DK−20の件もありがとうございます。
出来れば年内、ひょっとしたら新年の早い時期になってしまうかもしれませんが、
記事をアップいたします。
ありがとうございます。

Posted by ユニオンジャック at 2011年12月21日 20:40
こんばんは〜

コメ頂いたとおりで自分は標準域当分はズミ
一本でいかないといけないので苦しいです(笑)
これって25mmで勝負しろっていう天命なんでしょうかね^^;;;

それにしても
ズミと12-60が
今回PIN@E-500さんがいわれているのを
象徴している感じですよね。

ズミはピン外すとまるで画にならないし
ハマるとすごいですけど、はまらないときは
全然ですもんね。

逆に12-60mmならまぁまずおおはずしすることが無いので安心感がありますね。




しかしこんな時のためにパナライカ14-150が
欲しくなってしまったのもまた事実です。
Posted by のぶっち at 2011年12月21日 23:33
samulaiさん

samulaiさんは単焦点レンズのみお持ちなのですか!
ズームレンズは本当に便利ですけど、単焦点の割り切りも楽しいですし、勉強になりますよね^^
Posted by PIN@E-500 at 2011年12月22日 00:14
Hiro Cloverさん

ズームレンズにはズームレンズの良さがありますよね!
私も、ここ一番では12-60mmが外せません。望遠レンズではこういったレンズを持っていませんが、間違いなく50-200mmSWDはここ一番で頼りになるでしょうね。明るさと描写・AF・ズーム範囲のどれをとっても素晴らしいレンズなので、しばしば欲しくなります(^^;

Posted by PIN@E-500 at 2011年12月22日 00:32
ユニオンジャックさん

ありがとうございます。こちらもリンク貼りおわりました!
フィルムについて、色々と勉強させていただきますね!
今後ともどうぞよろしくお願いします。^^
Posted by PIN@E-500 at 2011年12月22日 00:34
のぶっちさん

標準一本勝負は厳しい戦いではありますが、必ずやのぶっちさんの大いなる経験になるものと信じております・・・(^^;
ですが、無事に早く12-60mmが帰ってくるといいですね!

ズミのことはあまりよく分かりませんが、みなさんの写真を見ていると本当に表現力豊かな素晴らしいレンズだと感じます。
12-60mmは、仰るように大外ししませんから、安心ですよね^^

もっと経験を積んで、ズームと単と良いとこ取りできるようになりたいものです・・・。
Posted by PIN@E-500 at 2011年12月22日 00:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。