2013年10月14日

京都編02 金の鳥

M9188481_1_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD / MMF-3
60mm(換算120mm相当) F5.6 ISO200
SILKYPIX DSP5



これ、パナソニックの35-100mmで撮ったとばかり勘違いしていました。
やはり腐っても12-60mm(いえ、腐ってはないですが・・・)とでも言いましょうか、素晴らしいレンズです。



さて、オリンパスの新フラッグシップであるE-M1、ついに発売されましたね。

12-40mmキットを予約していたので、気になって店頭まで触りに行ってきました。

が・・・

「・・・(なんか違う・・・)。」

私にはどうやら馴染まなかったようです。

良いカメラだとは思うんですよ。何度も言いますけど、良くできたカメラだと思います。
ただ、私にとってはこれは理想のフラッグシップではないですし、E-M5から買い換えるだけの魅力がありませんでした。横グリップつけたE-M5と一体何が違うのか?とどうしても思っちゃうんですよね。

フォーサーズレンズを最新ボディでサクサク使いたい人にはマッチすると思いますが、私は今回の発表を見てフォーサーズをほぼ手放してしまった側ですので、像面位相差ももはや魅力薄なのです。
そうなると、1/8000シャッターと、ISO100、AF枠の進化、EVFの進化、操作性の改善、という部分が主にE-M5より改善された部分かと思いますが、これはE-P5にも含まれているもので、言い換えればE-M5の後継にもなんらかの形でフィードバックされることでしょう。さらに言えば、GX7も同様なので、次期GHシリーズにも当然・・・。

ということをあれこれ考えた末、とりあえずレンズだけは入手(12-40mmF2.8です)しようと決めました。
E-M1はキャンセルの方向で・・・。
当面はE-M5と併用出来るような機種をゆっくり探しつつ、マイクロフォーサーズレンズの拡張に進もうかと思います。ノクチクロンも待っていますしね!





ラベル:京都編 E-M5
この記事へのコメント
フォーサーズのレンズを手放してしまったのなら、
E-M1の魅力は半減してしまうかもしれませんね !
確かにE-M5から画質は向上していますが、
フォーサーズの明るいレンズに対応したことが大きな理由になっていると思います。
もし入れ替えるにしても、E-M5の次の機種が良いかもしれません。
Posted by フォトン at 2013年10月20日 22:35
フォトンさん

実はまだ2本+EC-14は残してあるのですが、マイクロフォーサーズでも優秀なボディ・レンズが揃ってきたので、もうマイクロ一本でも良いかなと思ってる感じです。

E-3が自分にとっての原器だと思っていますので、あまりOM-Dシリーズは好みではないといいますか・・・。形は好きなのですが操作的な面で納得できない部分もあり、次に買うならメイン機はパナソニックのGH3後継機かなと考えています。
そういいながらE-M5の後継に飛びつく可能性もなきにしも・・・(^^;
Posted by PIN@E-500 at 2013年10月27日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。