2013年11月09日

お気に入りNo.1で撮る風景 〜LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8〜

MA300121_1_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
50mm(換算100mm相当) F5.6 ISO200
SILKYPIX DSP5



マイクロフォーサーズレンズに関していえば、私は9本のレンズを使ってきました。
そのうち8本は良いレンズで、現在も手元に残し続けてあります。
(ちなにみ本題とは外れますが・・・許容できなかった1本はオリンパスのM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3です。)

8本どれもが良いレンズなので、No.1を決めるのは難しいのですが、やはり私にとってのNo.1レンズはこれでしょう!

LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8』です。

いいところを上げれば限が無いのですが、一言でいえば「使用を前提としたバランスの良さ」でしょうか。

1:まず第一に、どこにでも持っていける点。
重さ360g・長さ100mmを切る携帯性の良さなので、どこへでも持っていけます。
街中で使ってもそんなに怪しくない!(たぶん・・・)

2:開放F値の明るさ。
F2.8なので昼夜問わずにどんな条件下でも使い込めます。
迷ったらこれをつければ安心のハイスピード・ズームレンズです。

3:ズームレンズ&使いやすいズーム範囲。
風景・ポートレート・イベント、何でも来いの定番画角を押さえている点。
迷ったらこれをつければ安心の(以下同文・・・)

4:安定した画質。
レンズである以上これは除けないでしょう。
高い解像力・どんな条件でも破綻する部分の無い安定性/均一性・逆光への強さ。
迷ったらこれを(以下同文・・・)


「迷ったらこれをつければ安心の優れたレンズ性能」+「迷っても迷わなくてもどんなときにも持ち出せる携帯性」という点において、唯一無二の望遠レンズであり、「使用を前提としたバランスの良さ」が輝く一本だと大いに評価したいです。


敢えて問題点を挙げるとするなら・・・何度も言ってますが「口径食によるボケの汚さ」でしょう。
逆にそれ以外には一切問題がないといっても良いくらい。
ちなみにボケも毎度必ず汚いわけではないのです。背景に暗い色の線のような被写体が入るととりわけ汚い感じに目立ちますので、それを気をつければ案外滑らかなボケの表現が楽しめるレンズでもあると、フォローしておきますね。


追記・・・
私、このレンズを使っていて「このレンズだったから撮れなかった・・・!!」という悔しい体験は未だにありません(もちろん画角が合う前提でですが)。
そんなレンズはオリンパスのZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD以来です。
故に、私にとってのNo.1なのです。




posted by PIN@E-500 at 01:43| Comment(2) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もLumix G X Vario 35-100mm F2.8を常用していますが、PIN@E-500さんのあまりの的確さに嬉しくなって書き込んでしまいました(笑)

ぐるぐるボケ以外はこれといった短所はないですね。インナーズームも気に入ってます。
来年はオリンパスのPro40-150mm F2.8が控えていますが、携行性から言ってそもそも比較対象じゃないですよね。(私がパナボディなのでそもそも選外なわけですが)
Posted by Chitd at 2013年11月11日 12:15
Chitdさん

コメントありがとうございます。
Chitdさんもユーザーさんなのですね!ブログ拝見させていただきましたが、私と同様の感想をお持ちのようで、思わずホッとしました(笑)

私はオリンパスの40-150mmF2.8も狙っていますが、あくまでもあれはフィールド用として考えています。
普段使いには望遠側100mmあれば十分事足りますし、やはり『目立たないサイズ』というのは携帯性という観点だけでなく、大きな価値がありますね!
Posted by PIN@E-500 at 2013年11月15日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。