2014年01月15日

悩ましきNOCTICRON

MA300596_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
45mm(換算90mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



新年1番目の記事でも書いたように、私はパナソニックから新しく発売されるノクチクロン42.5mm F1.2をず〜〜〜っと心待ちにしておりました。

発表されたその日、デジカメウォッチを開いてワクワクしながら記事を読みすすめたわけです。

「おお・・・すごく格好良い・・・」

「最短50cmの最大倍率0.1・・・悪くない、頑張ってる・・・」

「重いけど許容範囲・・・良い感じ・・・」

「発売日は・・・2月13日!噂より早い!」

「あれ・・・?価格は・・・?」

デジカメウォッチ『パナソニックは・・・云々・・・。価格は20万円。』

「価格は・・・?」

デジカメウォッチ『パナソニックは・・・云々・・・。価格は20万円。』

「え・・・?」

「ええええええええええええええええっ!?」



メーカー希望とはいえ流石にちょっと20万円は想定外でした・・・。今なら税込み21万円ですね・・・。

実売の目安は当面、15万円を多少下回る程度でしょう。
15万円は用意しておくべき。

私、正直いいところメーカー希望158,000円の実売10万円ちょいだろうと考えていたので(希望をいえば実売9万円)、流石にびっくりというかなんというか・・・。

サンプルを見れば分かりますが、これがふざけた価格だとは思いません。
F1.2での写真とは思えない見事なキレと芯の無い柔らかなボケ。間違いなくとんでもなく優秀なレンズです。

ですが・・・。



ノクチクロンはパンドラの箱になってしまわないでしょうか?

フォーサーズ時代にオリンパスが素晴らしく優秀なレンズ群を持ちながらもメジャーになれなかったことを思い出します。

ノクチクロンはフォーサーズ時代と比べ小型化に関してはよく頑張ったといえるでしょうが、こんなことをいう人、必ず出てきますよ。

価格とボケ量のみを指して、「ノクチクロンを買うなら、6Dと安い85mmF1.8でも買ったほうが幸せになれるよ」って。



レンズ交換式カメラはシステムです。レンズ一本で比較するのは愚の骨頂です。ナンセンスです。
そもそもノクチクロンの開放描写力に対抗できるだけの安い85mmがどこに!って突っ込みも入れたい。

とはいえ・・・メインシステムの補完として他のシステムのボディ1台+レンズ1本だけでも入れちゃうような人がいるとすれば、上のような比較もありうるといえるでしょうね。



というわけで、他のシステムをスポットでなら組み込めてしまえるほど高価なノクチクロンの価格は、非常に非常に悩ましいのです・・・。誘惑されそうになるのです。


尤も、誘惑されそうになる原因はノクチクロンのせいだけではないのですが。寧ろノクチクロンはきっかけに過ぎません。
この話はまたいずれ。



PS.キヤノンのキャッシュバックキャンペーン、昨日までだったんですね。良かった良かった・・・(誘惑的に)。
そして、タムロンは明日まで。




ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 00:14| Comment(2) | 中望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらに同じ事を考えている方が・・・(^^ゞ

高いですよね〜!でも、きっと見事な描写なんだろうなぁ。。。
少なくともズミ以上に頑張っちゃってるんでしょうし・・・ゴクリ。
オリの4518は値段考えたら驚愕の写りですけど、一方で味気がないんですよね。
うーむ。。。居るでしょうね6D買えば?って
Posted by のぶっち at 2014年01月15日 01:24
のぶっちさん

オリンパスの45mmは味気ないですよね。
綺麗なボケでシャープな描写、良いレンズですがなんとなく色の深さが足りない・・・。つややかさに欠けますね。
ノクチクロンいっちゃいそうです。
ところで、6Dも実は欲しいです・・・(苦笑)

Posted by PIN@E-500 at 2014年01月15日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。