2014年02月02日

情緒

M3294715_04s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO1600
SILKYPIX DSP5



以前アップした写真の別バージョンです。

私がパナソニック製レンズを気に入っている大きな理由の一つが『その場の雰囲気を写すことに優れている』と感じるからです。
自分が見た景色がいつまでも色あせずに残せる、情緒豊かな美しい写真に仕上がるからです。

特にその傾向が強いと感じるレンズが、私の使っているものではこの35-100mm F2.8と、25mm F1.4ですね。

他に、ネット上の作品などを見て同類だと感じるレンズは12-35mm F2.8、それから今度出るNOCTICRON 42.5mm F1.2もどうやら良い雰囲気に仕上がりそうな気配を感じます・・・。
パナソニックの高級レンズはどれも機械的な測定結果は完璧ではありませんが、実写では素晴らしい作品が仕上がります。実写での雰囲気重視の設計なのでしょう。75mm F1.8に代表されるように、測定の数字的にも完璧なレンズを目指すオリンパスとは違うので、どちらのメーカーをより好むのかは意見が分かれるところかもしれません。

パナソニックレンズのファンとしては、NOCTICRON、楽しみですね・・・。
早く触りたいですね・・・。






ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 23:43| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。