2014年03月23日

CP+ 富士フィルムブース

MA302262_sn.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO800
SILKYPIX DSP5



X-T1のタッチ&トライコーナーにいたモデルさんですが、外野から目線をもらっちゃいました。


オリンパスのE-M5発売以降、所謂一眼レフスタイルのミラーレスカメラがちょっとしたブームになっていますね。

富士のこのX-T1が大本命だという人も結構いたようで、CP+のこのコーナーは会場で1,2を争う大人気コーナーとなっていました。

個人的には富士のボディでこれぞというものは無いのですが(というのもX-T1がしっくりこなかったので)、レンズ群はかなり充実して魅力的なものになってきていますね。
シェアはともかく、本命で揃えるシステムという見方ではミラーレス第2の勢力に成長したといえるのではないでしょうか。

もしも富士を使うのなら・・・23mmF1.4/35mmF1.4/56mmF1.2の3本を使ってみたいです。






ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 23:59| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。