2015年07月08日

長野編番外 つぶらな瞳の新レンズ

M2002620s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
40mm(換算80mm相当) F3.5 ISO400
SILKYPIX DSP5



毎年夏になると、欲しくなるレンズがあります。

欲しいなぁ・・・と思って店に行き、試し撮りを何度もし、また家に帰っては他人の写真を見て勉強し、イメトレをする・・・。

でも最終的には『使いこなせないだろう・・・』という結論に至り、悶々としながらも諦める・・・。

そんなことを何年も繰り返してきました。


そんな風に悩んで悩んで毎年諦めてきたレンズが今、手元にあります・・・。

LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5

ど、どうしてこうなった・・・?

そう、すべてはオリンパスのせいなのです・・・。

M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO

このレンズを買うために、他をいろいろ諦め資金を貯めてきました。

なのに・・・なのに・・・予約できないじゃないですか・・・!!

※オリンパスオンラインショップでの話です。

欲しいものが買えないと、その間いろいろ考えてしまいますよね〜。

「本当にこの高価な7-14mmでいいのだろうか?」
「ゴースト、案外多いなぁ・・・」
「事前情報の600gよりは軽いとはいえ、534gって結構負担・・・」
「解像力はパナの7-14mmと同等・・・パナはゴースト多いけど軽いし約半額・・・」
「ところでオリの8mmF1.8ってものすごく高画質なような・・・?欲しいかも」
「でも魚眼に9万って流石にあり得ない・・・」
「オリの7-14mm買うお金があれば、パナの8mm魚眼と7-14mm両方買えるのでは?」
「夏だし魚眼楽しそう・・・」
「7-14mmはパナにするかオリにするかじっくり考えるとして、パナの魚眼は軽いから、サブにいいかも」
「う〜ん・・・」

と、日々悩むこと3週間、結局買ってしまいました・・・。

オリンパスの7-14mmが予約できないせいで、パナの7-14mmを購入した方もいるようで、結論は違えど同じ悩みを抱えている人もやはりいるようですね(^^;


パナの8mm魚眼、驚くほど高画質です。
手振れ補正等の特別な機能がないので、中古で買いました(何せ使いこなせるかも分からず怖かったので・・・)。
解像力はオリンパスの12-40mmF2.8PROを上回っていると感じます。
超広角でこの解像力は驚きです。

僅か165gの超小さなボディに秘められた高画質。
目の前の世界全てを撮れる、圧倒的に広い画角。
結構嵌ってしまいそうです!


ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 00:58| Comment(2) | カメラ機材・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オリの8mm魚眼かと思ってましたが、パナの魚眼でしたか!
前回がF3.5だったので、ひっかけで絞ってるのかと。(笑)
魚眼はまだ使った事ないんですけど、予想以上に楽しそうですねぇ。(^_^)

それにしても、7-14mmProはオリのオンラインショップを今見ても準備中になってますね。(^_^;)
発売日の表示も2015年6月下旬発売のままですし、売る気あるんでしょうかね〜。
Posted by Hiro Clover at 2015年07月09日 18:47
Hiro Cloverさん

HiroさんがF3.5の裏を読んでオリだと答えるのではないかと思いましたので、裏の裏でF3.5にしてみました・・・とかそういうことは考えませんでした(^^;
F3.5でも全体が非常にシャープなこと、開放の方がゴーストが出にくいようであることから、開放のF3.5を多用しています^^

正直、買った当日は『やってしまった・・・』と後悔で悶え苦しんだものですが、高原で使ってみて本当に買って良かったと思いました。
案外超超広角として素直に使えるものですね。

7-14mmF2.8は、今までにオリオンで3回(3日)だけ予約可能になったのではないかと推測していますが、いずれもすぐに予約締切・・・。
私はタイミングを逃してばかりです(^^;
魚眼と違い超広角は室内でも多用したいので、やはりF2.8のオリンパスにしようかと思っています・・・。
Posted by PIN@E-500 at 2015年07月10日 00:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。