2015年04月01日

春の訪れ 4

MSL05653raws.jpg


OLYMPUS E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
45mm(換算90mm相当) F2.5 ISO200
OLYMPUS Viewer 3




ラベル:E-M1
posted by PIN@E-500 at 22:49| Comment(0) | 中望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

京都編 その6

M9199067_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
45mm(換算90mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



E-M5、ついにファームアップされましたね!!

今までのE-M5、今回の写真のような状況ではいつも苦戦させられました・・・。

葉っぱにピントを合わせようとしても、AFターゲットのサイズが大きすぎるため、周りの石にピントが合ってしまうんですよ・・・。裏技の拡大枠AFですら、私には大きすぎました。

ですから、いつもE-M5使用時には「オリンパス・・・ピント合わせを舐めてんのか・・・」とちょっとした怒りを覚えながら使ってきたわけです・・・。
だってパナソニックはミラーレス初号機のG1でさえ、スモールAFターゲット枠が使えるんですよ?なんでオリンパスのミラーレス8号機くらいのE-M5で使えないの・・・?オリンパスの中の人はシビアなピント合わせはしない人たちなの?それともMF専門なの!?って思いませんか?

が!!

1月29日、ついに・・・ついにこのE-M5最大最悪の欠点が改善されたのです!!

1月29日:E-M5の最新ファームウェアVer.2
1:スモールAFターゲットの追加
2:ISO100相当のISO LOW機能を追加


もうこの2点だけで、あと2年間は心穏やかに過ごせそうです・・・。

オリンパス、よくやってくれました・・・。感謝。

これで大口径レンズが心置きなく使えます。

シビアなピント合わせも、ISO100も、大口径でこそ活きる機能ですからね!




ラベル:京都編 E-M5
posted by PIN@E-500 at 19:41| Comment(0) | 中望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

悩ましきNOCTICRON その3

MA300167_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 / Raynox DCR-150
45mm(換算90mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



換算85mm相当の大口径同士を比較する場合、35mm判(フルサイズ)との比較に関していえば、35mm判は一眼レフ/マイクロフォーサーズは当然ミラーレスとなります。

一例として、キヤノンの6D+シグマ85mmF1.4およびキヤノン85mmF1.8装着時と、パナソニックのGX7+42.5mmF1.2の重量を比較すると・・・

6D:680g+バッテリー+メモリ + シグマ85mmF1.4:725g = 1405g+α
6D:680g+バッテリー+メモリ + キヤノン85mmF1.8:425g = 1105g+α
GX7:360g+バッテリー+メモリ + 42.5mmF1.2:425g = 785g+α

ボケ量は85mmと42.5mmですから、当然85mmの方がよくボケます。
とはいえ、特に85mmF1.4との比較では、重量が倍近く違うというのは流石に見過ごせない点です。
マイクロフォーサーズの重量級レンズが2本追加できるだけの重量差です。


というわけで「やっぱりNOCTICRONかなぁ・・・」と考えていたのですが、ここで思わぬ刺客が・・・!

富士フィルムから登場する FUJINON XF56mm F1.2 R の存在です。

手振れ補正は無いものの、AFは高速で顔認識でもズバッと決めてくる(X-E2使用時)という前評判の、富士フィルムXマウント用ポートレートレンズです。
重量は405g。ミラーレスなのでボディも軽い!
そして、気になる価格は実売10万円ちょっとと予測されています($基準で同じ価格の10-24mmF4.0が、日本では10万円ちょっとなので)。

これはまさにガチンコ勝負のスペックでしょう・・・。

というわけで、サンプルを探してみました。

リンクを貼り付けておくので、興味ある方はご覧ください。

NOCTICRON 42.5mm F1.2 のサンプル

FUJINON 56mm F1.2 のサンプル

いかがでしょう?

NOCTCRON 42.5mmのほうが開放で若干シャープ、FUJINON 56mmのほうは口径食が少なく(猫目にならない!)ボケがふんわり見事なとろけ具合、という印象を受けました。

これを見てしまうと、パナソニックのNOCTICRONがもう少し口径食が柔らかければなぁ・・・と思いますね。
尤も、富士フィルムの方は手振れ補正が無いので、シャープに写すにはより慎重に、ブレには気をつけないといけないですが。


富士フィルムに関していえば、2014年中を目標に
『18-135mmF3.5-5.6』
『16-55mmF2.8』
『50-140mmF2.8』
『大口径広角単焦点』
を開発しているようです(富士のことなのでたぶん遅くずれていくと思いますが・・・)。
2015年以降と思われる『超望遠ズームレンズ』を含めれば、本当にマニアックな魚眼や大口径超望遠単以外、一通り不足の無いシステムとして完成するかと思います。
数はまだまだですが、富士のレンズにハズレ無し!で、かつてのオリンパス・フォーサーズシステムのラインナップを彷彿とさせますね。

そんなわけで、フォーサーズファンとしては、50-140mmF2.8次第ではマイクロフォーサーズを縮小させて富士のXマウントをメインにするのも楽しいんじゃないかなぁ・・・と妄想している次第です(苦笑)大型ファインダー搭載のX-T1ももうすぐ出ますしね!


いやでも・・・パナソニックの35-100mmは本当に素晴らしいですから、なかなか乗り換えは難しいかな・・・。
あと、資金的にも・・・。


ラベル:E-M5 DCR-150
posted by PIN@E-500 at 22:51| Comment(2) | 中望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

悩ましきNOCTICRON その2

MA300276_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
45mm(換算90mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



私が他のマウントのカメラで「欲しいな」と思うものはいくつかあります。

例えば、キヤノンのEOS 6D・40mm F2.8。
ソニーαマウントのα900・ゾナー135mm F1.8。
ソニーのRX1。
タムロンの70-200mm F2.8。
シグマの50mm F1.4と、85mm F1.4。
などなど・・・。

最安値でノクチクロンより高いのは、ソニーのRX1(35mm判センサー+ゾナー35mm F2.0)だけです。

ずば抜けたレンズであるゾナー135mm F1.8より高いとは信じられない・・・!

・・・と思う気持ちも正直あります。


でも、やっぱりノクチクロンが欲しいんですよね〜・・・。

ちびズミ(パナソニックのLEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4)が大好きなので、ノクチクロンにも期待してしまいます。価格も半端ないですからね。

あとは、上に書いたような他マウントのものを入れてしまうと収集つかなくなって問題ですから、やっぱり高くてもノクチクロンで満足できればそれが一番・・・。
出かけるときに無駄な荷物で重くなるのは勘弁です。フォーサーズとマイクロフォーサーズでもうまくいかなかったんですから。それに他マウントを一式揃えるほどの資金はないですしね。


なんにしても、一度本物を使ってみたいです。
触ったら一発で陥落かもしれませんが(^^;




ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 23:38| Comment(4) | 中望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悩ましきNOCTICRON

MA300596_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
45mm(換算90mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



新年1番目の記事でも書いたように、私はパナソニックから新しく発売されるノクチクロン42.5mm F1.2をず〜〜〜っと心待ちにしておりました。

発表されたその日、デジカメウォッチを開いてワクワクしながら記事を読みすすめたわけです。

「おお・・・すごく格好良い・・・」

「最短50cmの最大倍率0.1・・・悪くない、頑張ってる・・・」

「重いけど許容範囲・・・良い感じ・・・」

「発売日は・・・2月13日!噂より早い!」

「あれ・・・?価格は・・・?」

デジカメウォッチ『パナソニックは・・・云々・・・。価格は20万円。』

「価格は・・・?」

デジカメウォッチ『パナソニックは・・・云々・・・。価格は20万円。』

「え・・・?」

「ええええええええええええええええっ!?」



メーカー希望とはいえ流石にちょっと20万円は想定外でした・・・。今なら税込み21万円ですね・・・。

実売の目安は当面、15万円を多少下回る程度でしょう。
15万円は用意しておくべき。

私、正直いいところメーカー希望158,000円の実売10万円ちょいだろうと考えていたので(希望をいえば実売9万円)、流石にびっくりというかなんというか・・・。

サンプルを見れば分かりますが、これがふざけた価格だとは思いません。
F1.2での写真とは思えない見事なキレと芯の無い柔らかなボケ。間違いなくとんでもなく優秀なレンズです。

ですが・・・。



ノクチクロンはパンドラの箱になってしまわないでしょうか?

フォーサーズ時代にオリンパスが素晴らしく優秀なレンズ群を持ちながらもメジャーになれなかったことを思い出します。

ノクチクロンはフォーサーズ時代と比べ小型化に関してはよく頑張ったといえるでしょうが、こんなことをいう人、必ず出てきますよ。

価格とボケ量のみを指して、「ノクチクロンを買うなら、6Dと安い85mmF1.8でも買ったほうが幸せになれるよ」って。



レンズ交換式カメラはシステムです。レンズ一本で比較するのは愚の骨頂です。ナンセンスです。
そもそもノクチクロンの開放描写力に対抗できるだけの安い85mmがどこに!って突っ込みも入れたい。

とはいえ・・・メインシステムの補完として他のシステムのボディ1台+レンズ1本だけでも入れちゃうような人がいるとすれば、上のような比較もありうるといえるでしょうね。



というわけで、他のシステムをスポットでなら組み込めてしまえるほど高価なノクチクロンの価格は、非常に非常に悩ましいのです・・・。誘惑されそうになるのです。


尤も、誘惑されそうになる原因はノクチクロンのせいだけではないのですが。寧ろノクチクロンはきっかけに過ぎません。
この話はまたいずれ。



PS.キヤノンのキャッシュバックキャンペーン、昨日までだったんですね。良かった良かった・・・(誘惑的に)。
そして、タムロンは明日まで。


ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 00:14| Comment(2) | 中望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

お気に入りNo.3〜No.5で撮る風景 〜M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8〜

MA300284_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
45mm(換算90mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



シリーズ第三回目は『M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8』です。

前回とは異なり今回のレンズは私が敢えて書くまでもないでしょう。
でもそれじゃあブログにならないので一応・・・。

はっきり言って、「え?このレンズに何か悪いところあるの・・・?」って聞きたくなるくらい、良いレンズです。
端的にいえば「単焦点レンズの良さを凝縮した1本」です。

1:美しい描写。
単焦点といえばやはり優れた描写力!
高い解像力だけでなく美しいボケ味、優しい描写。文句なしに絞り開放からガンガン使えます。
以前線香花火の写真をアップしましたが、逆光にもそこそこ強いです。

2:明るい開放F値。
単焦点の魅力は明るさに有り!
一般的に高級ズームレンズの開放F値はF2.8ですが、このレンズはF1.8。
単焦点ならではの大きなボケを活かした作品を楽しめます。

3:小型軽量。
高々116gで素晴らしい描写力が手に入るだなんて、信じられませんよね!

4:安価。
2万円台前半で買えちゃうんですよ・・・。


「単焦点レンズは(同等クラスのズームレンズに比べて)明るく高画質・小型軽量・比較的安価」というのが一般的です。
このM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8はどれも犠牲にすることなく、単焦点の3大特徴をより鮮明に凝縮して体現しています。

欠点・・・敢えて挙げるとすれば、最短撮影距離が50cmってところでしょうか。
ただ、このレンズが特別劣っているわけではありませんから、これを欠点だとは言えないでしょうね。


評判に違わず、欠点らしい欠点のない、優良なレンズでした。

・・・やはり、あまり書くことなかったですね(苦笑)



posted by PIN@E-500 at 23:38| Comment(2) | 中望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

45mmF1.8ブラック 発売日決定

M5265501s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
45mm(換算90mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



45mmの黒発売記念に一枚。この写真、主役が目立たなくなってしまいましたが・・・。

とにかく、発売は来週ですか〜。楽しみですね!


ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 21:13| Comment(0) | 中望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

E-M5続投記念

M5045095s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
45mm(換算90mm相当) F2.5 ISO200
SILKYPIX DSP5



17mmF1.8のシルバーも欲しかったですし、VF-4はもちろんE-P5にも興味津々だったのですが、特にこれといってE-P5入れなきゃ撮れないシーンがあるわけでもないので見送り決定&E-M5続投で決めました。


基本機能部分のE-M5からの進化が大まかに言って
1:ファインダーのスペック
2:高速シャッター1/8000搭載
3:ISO100相当使用可
4:スモールAF枠
5:フォーサーズレンズのAF改善(それでも満足な速度ではないようです)
であって、革新的な改善や進歩があったわけでもなさそうな順当強化ですので、E-M5でも撮れるシーンは変わらないだろうと判断しました。
E-M5の弱点をつぶした魅力的な仕上がりでしたので、本当は欲しくてたまらなかったのですが・・・(^^;


個人的に次期E-Mなどに望むブレイクスルー機能は・・・
・連写中にライブ映像が止まらないこと(パナソニックではG2の時代からあります)
・ファインダーをのぞきながらのタッチパネルを使ったAF位置の移動(パナソニックのタッチパッドAFは秀逸)
・フォーサーズレンズが普通に使えること
これだけ叶えてくれたら、長く使えるんですけどね〜。
欲を言えば、実用的な追尾AFまで欲しいですが。

こうなるまでは、当面我慢したいです・・・。


さて、実はE-P5を諦めて、代わりに一つ注文してしまったものがあります。

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 のブラックバージョンです。

シルバーも綺麗で好きだったのですが、前に一度シルバーを購入していますし、黒のE-M5には黒の方がマッチするので、結局今回は黒に決めました。
いつか買いたいと思っているホワイトボディにも、黒レンズって結構イケますしね!


ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 23:46| Comment(2) | 中望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

もう一本、いっとく?

M3294505_08s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
45mm(換算90mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



マイクロフォーサーズシステムで1,2を争う超人気レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 。

今はもう所有していませんが、このレンズの描写はときどき味わいたくなります。
今回もそういうわけでとても可愛がってもらっている「元・うちの子」をちょっと貸してもらってパシャパシャ遊んでみたのですが、晴天野外の春の雰囲気を表すにはすごく良いレンズですね〜。春の柔らかい雰囲気や、野外でのポートレートにピッタリのバーゲンレンズです。特に、画面端まで完全な円形の玉ボケを作り出しちゃうところなんかに惚れ惚れします・・・。

個人的にはとても思い入れの強いレンズだということもあり、描写の良さ+価格の安さと相まって『もう一本、いっとく?』という気持ちになってしまうほどの、魅力的なレンズです。


そして余談ですが、外観も格好いいですよね!
いずれチャンスがあればこのレンズの雄姿をアップしましょう。


ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 01:38| Comment(0) | 中望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

夏の終わり

MA071251raw1s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
45mm(換算90mm相当・トリミング) F1.8 ISO3200
仕上がり:VIVID 諧調:標準 ノイズフィルター:弱 
OLYMPUS Viewer 2



急に涼しく&寒くなりましたね。
今年は9月になってからもずっと暑い日が続きましたが、ようやく夏の終わりでしょうか。
私にとっては、夏が終わってしまうのはとても寂しいものです・・・。
まあ、秋には秋の良さがあると思って、頑張りましょうか・・・。


ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 23:08| Comment(2) | 中望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

45mmF1.8でマクロ

M9220604raw9s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 / レイノックスDCR-150
45mm(換算90mm相当) F5.0 ISO500
仕上がり:i-Finish(標準) 諧調:オート



レイノックスのマクロコンバージョンを付けて撮影してみました。
ほぼ最大に近い状態でこれくらいです。
最大倍率こそマクロレンズには及ばないものの、背景ボケもきれいでAFも非常に速く、使いやすかったです。

60mmMacro・・・欲しいのですが、12-60mmSWD、45mmF1.8、50mmMacroあたりと気持ち的にかぶるレンズなので、良いレンズだとは思うのですがとりあえず先に他のレンズを検討して・・・かなという感じで考えています。
35-100mmF2.8か、60mmF2.8Macroか・・・というのが最終候補のような気もしますが・・・。

9-18mmF4.0-5.6
20mmF1.7
45mmF1.8
100-300mmF4.0-5.6

にプラス一本と考えるなら、どうしましょうか・・・?


ラベル:E-M5 DCR-150 昆虫
posted by PIN@E-500 at 23:12| Comment(4) | 中望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

45mm初と、新製品続々・・・

M9150549raw3s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
45mm(換算90mm相当) F5.6 ISO200
仕上がり:ドラマチックトーン 諧調:ハイキー
OLYMPUS Viewer 2



45mmF1.8、3週間待ちのはずが1週間ちょっとで届きました。
とても良いレンズですね。小さくてデザインもよくて、明るくてAFも速くて・・・。
人気になるのも納得です。

まだほとんど使えていないので画質云々はよくわかりませんが、活躍してくれそうなレンズです。


ところで、今日はオリンパスから
E-PL5
E-PM2
60mmMacro  詳細はこちらから
15mmボディキャップレンズ
17mmF1.8
の開発発表等が海外であったらしいですね(日本でも出ましたおでリンク貼ります)。
E-PLとE-PMに関してはいずれタッチパネルになると思っていましたが、順調に進化したようで、使いあってが良くなって魅力アップですね。センサーもE-M5と同じ最新のソニー製1600万画素くらいのものになり、画質だけならE-M5を選ぶ必要もなくなりました。

60mmF2.8Macroは長いレンズですね。等倍まで寄れる点と、フォーカスリミッターによる操作性の良さは魅力ですね。あと、防塵防滴もありがたいです。
15mmボディキャップレンズは、これほどE-PM2のような薄いボディに似合うレンズもないと思うくらい、ベストマッチですね!意外にも正面から見た様子も格好良いですし、もしも小型ボディを手に入れたら一緒に使いたいです。
あとは、17mmF1.8、これもデザインはかなり格好いいですね。問題は、価格がいくらになるのか気になるところです。パナソニックの20mmF1.7が3万ちょっと、25mmF1.4が4万ちょっと・・・。オリンパスのこれも4万程度ならかなり魅力ですね。



と、書いてるうちに今度はパナソニックの情報が・・・。

GH3
35-100mmF2.8
が正式発表。

そしてどうやらパナソニックの次のレンズは・・・
42.5mmF1.2
150mmF2.8

だそうです・・・。ああ、流石パナソニックですね・・・。素晴らしい・・・。

http://www.engadget.com/2012/09/17/panasonic-teases-42-5mm-150mm-lenses/

35-100mmF2.8は、なんと360gという驚異的な軽さ、全長99.9mmらしいです。
すごいですね・・・本当に・・・。

こんなのを見せられたら、フォーサーズはもういいか・・・って思っちゃうじゃないですか・・・。



※発表されたものにリンクを貼りました。

さらに続報ですが、海外でシュナイダーがマイクロフォーサーズ用の高性能AF単焦点レンズ3本
14mmF2.0
30mmF1.4
60mmF2.4Macro

を発表したようです。
デジカメInfoへリンク

マイクロフォーサーズの勢いが止まりませんね・・・。今日だけで(発売未定含め)何本のレンズが発表されたことやら・・・。


ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 21:49| Comment(4) | 中望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。