2015年02月23日

CP+2015 その3 WD

MSL03960_07_s.jpg


OLYMPUS E-M1 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F1.2 ISO400
SILKYPIX DSP5



WDです。
ハードディスクのメーカーです。外付けハードディスクは私も使っています。

WD(ウェスタンデジタル)の名前の通り、という服装ですね。
心良くブースの一番良いところで撮らせていただきました。
ありがとうございました。



フラッシュの設定を強制発光にしていたはずなのに、この写真はフラッシュOFFになってしまっています・・・。
ということは、こ、こんなところでチャージの遅さが問題に・・・。目にキャッチライトが・・・。

フラッシュをガンガン使うようになりそうなら、新型のFL-600Rなんかを買ってもいいのかもしれません。
尤も、まずはFL-36Rを使いこなすことから始めなければ。


2015年02月15日

CP+2015 その2 OLYMPUS

MSL03927_32_s.jpg


OLYMPUS E-M1 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 / FL-36R
42.5mm(換算85mm相当) F1.2 ISO200
フラッシュ:強制発光 -1.0EV
仕上がり:Portrait
JPEG



CP+は今日まででしたね。
好きな人は毎日行くらしいのですが、私にはそんな根性ありませんので、一日だけの参加でした。
それでも気が付いたら丸々一日楽しめていましたので、毎日行く人の気持ちもちょっとは分かる気がします・・・。



さて、今回はオリンパスブースでの一枚です。

オリンパスブースではモデル撮影コーナーが用意されているのですが、『展示機でのみ撮影可!!』というルールが設けられています。
マイカメラではたとえそれがオリンパス製品であろうと撮影禁止なのです。
今年は展示されているE-M5Mark2(E-M1等もあったかも?)で撮影できるようになっていたようで、自分のメモリーカードがあればデータの持ち帰りが出来たようです。

が・・・、私はそのコーナーで撮るのが嫌だったので、参加していません。
なんというか・・・順番待ちの『後ろ』がいると、そわそわしてしまい集中できなくて・・・。


ではこの写真は?といいますと・・・

この写真の方は、モデル撮影コーナーのキャストではなく、ブース内の案内をしていたモデルさんです。
とても可愛らしい方でした。

CP+は写真関連のイベントですので、お願いすればほぼ確実に写真を撮らせてもらえます。

列に並んで遠くからビシッとしたポーズを撮るのも綺麗に決まって良いかと思いますが、お願いして撮らせてもらうのもオリジナルな感じで楽しかったです。

ありがとうございました。


2014年12月29日

秋・京都 その4 色使い

MSL01764_35_s.jpg


OLYMPUS E-M1 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F1.4 ISO200
SILKYPIX DSP5



気が付けば、2014年も僅かとなりましたね・・・。



ラベル:E-M1 京都編

秋・京都 その3 嵐山の畔

MSL01583_10_s.jpg


OLYMPUS E-M1 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F1.4 ISO125
SILKYPIX DSP5






ラベル:E-M1 京都編

2014年09月20日

『君のそばまで』

MA303557_01_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F5.0 ISO800
SILKYPIX DSP5





ラベル:E-M5

2014年07月13日

森に生きる

MA304875raw01s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F1.2 ISO200
OLYMPUS Viewer 3



今日はキノコの山を探検してきました。

一番かわいいやつを一枚。

なんていう種類のキノコなんでしょうね?綺麗でおいしそうな形でした。

・・・綺麗ってことは、虫が食べてないので危険?



さて、話は変わりますが、E-M1のキャッシュバックキャンペーンが始まりましたね。

1万円キャッシュバックは大きい・・・。しかも今ならオリンパスオンラインショップで更に通常より5%お得な状態ですし・・・。
正直このダブル値引きが始まったとき、オリンパスオンラインショップで購入する寸前でした。なんせ約9万円でオリンパスのフラッグシップが買えるのですから。

しかし・・・結論からいえばE-M1購入はやはり中止しました。

理由の一つは、一番魅力的な機種ではないから。例え安くても、納得できない部分を残しての購入では長くは使えません。
E-M1は良い機種だと思います。特にファインダーは本当に素晴らしい。ツインダイヤルコントロール(でしたっけ?)も操作性を高める良いアイデアだと思います。ですが、些細な三点だけ、どうにももどかしい点があり、私にとってベストな機種だと納得できず・・・。

もう一つの理由は、E-M5の存在ですかね。
これまた妥協で使い始めたオリンパス機(ボディ内ぶれ補正&EVF搭載のミラーレスは当時これしかありませんでした)ですが、流石に2年以上もメインで使い続けていれば、愛着もわくというものです。
E-M1はこのE-M5の完全なる上位機種。グリップ付きのE-M5を使っている私からすれば、E-M1は同等の大きさ重さでスペックも操作性も劣る部分がない、ある意味スーパーE-M5です。
E-M1を買ったらまったくのいらん子になってしまうE-M5ってのも勿体ないなと、ついそんなことを思ってしまうと、「いや、まだまだE-M5でも行けるはず!」とか考えてしまうのですよね。実際、大型アップデート(スモールAFターゲットと、ISO100の搭載)以降、取り立てて文句言いたいこともなくなりましたし、画質面ではフォーサーズセンサーの中ではまだまだ一級品ですし。

長々と書きましたが、次に買う候補のボディは一応2機種まで絞ってあります(レンズ交換式に限れば・・・)。
ほぼ90%、絞り切れているのですが、状況によりダークホースも捨てがたく・・・(苦笑)
どちらもかなり高価な機種なので、いろいろ考えて、でも早めに購入したいです。


・・・と書きながら数日後に『E-M1ゲットしましたー!』という記事がアップされない保証がないところが、怖いです・・・(^^;
なんだかんだ言っても、E-M1欲しいのです・・・。



ラベル:E-M5

2014年06月01日

緑と赤

MA304281raws.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F1.2 ISO200
OLYMPUS Viewer 3






ラベル:E-M5

2014年04月28日

はるうらら

MA303178_01_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F1.2 ISO200
ND8
SILKYPIX DSP5



良い季節になりましたね〜。

機材は続投決定のE-M5と、超大口径のノクチクロン。
F1.2ともなると仮に1/8000秒が使えても足りないでしょう。というわけでマルミのND8を用意しました。
同時に58mm径も買っておくべきだったなぁ・・・。


この季節、写真を撮るのも、こんな風にのんびり過ごすのも、どっちも最高ですね。



ラベル:E-M5

2014年04月23日

ぽちってしまった・・・

MA303140_03_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F1.2 ISO200
SILKYPIX DSP5



F1.2といっても42.5mmですから、ボケ量に対する過度の期待は禁物ですね。



ところで写真とは何にも関係ありませんが・・・

最近はメインボディを買い換えるかずっと悩んでいました。

悩みすぎた結果、正気に戻った時には時遅し。なにかを注文してしまっていたようです・・・。

おそらく明日届きます・・・(^^;



ラベル:E-M5

2014年04月20日

新緑の季節

MA303132_01_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F1.2 ISO200
SILKYPIX DSP5



曇りの日なら良いのですが、これから夏に向けて最高シャッター速度が気になる日が多くなりそうです・・・。

一応67mm径のND8を用意しましたが・・・やはり1/8000秒が使えるカメラが欲しいですね。


ラベル:E-M5

2014年04月07日

お稲荷様

MA302916_04_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F4.0 ISO250
SILKYPIX DSP5



の、お遣いさんたちでしゅ。

・・・。分かる人だけくすっとしてください・・・(泣)




私がノクチクロンを使い始めて最も驚かされたのは、そのボケ量でもボケ味でもなく、ただひたすらに『圧倒的な』というべき解像力でした。

開放F1.2からバリバリに使えるシャープさというのも常識ハズレの凄いことですが、それで終わりではなく絞れば益々切れ味鋭く変化していきます。
F4.0〜5.6くらいにもなると、背面モニターでも唖然とするほどのずば抜けた精緻さ。
ノクチクロンを使ってみて『高いだけのことはある・・・』と感じた点は、ここにありました。




ところで私、初めて訪れたときからこの稲荷神社が好きで、本当にたま〜にですけど写真を撮りに出没します。神社自体は小さいですが、穏やかな雰囲気が良い感じです。

お仲間の日本一大きなお稲荷さんには一度しか行ったことがありませんが、あれは本当に『山』でした。
入ってすぐの千本鳥居で帰ってしまう人多いみたいですが、一日かけて山中じっくり回るのも良いものですよ。



ラベル:E-M5

2014年04月06日

春の気配

MA302963_24_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F1.2 ISO200
SILKYPIX DSP5



漸く暖かくなってきましたね。

楽しい季節ももうすぐです。



ラベル:E-M5

2014年03月25日

MA302930_11_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F1.2 ISO200
SILKYPIX DSP5





ラベル:E-M5

2014年03月19日

大願成就

MA302854s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F1.2 ISO200
SILKYPIX DSP5



良い言葉ですね。


大願ではありませんが、ノクチクロンの登場は私にとっては願いが叶ったようなものでした。
というのは、市場では『ミラーレス=ちょろい一眼』というようなイメージがあり、高級レンズが非常に少ない・・・。
カメラを趣味で続けるうえで大切な、「いつか手に入れてみたい」という憧れがなかったのです。

ノクチクロンの登場で、ミラーレスシステムのレンズ群にも『憧れの一品』がついに登場しました。
システムの広がりが期待できる、大きな一歩だと思っています。




ラベル:E-M5

2014年03月18日

NEW CAMERA and NEW LENS DEBUT

MA302806_08_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F2.5 ISO200
SILKYPIX DSP5



新カメラ正解発表&新レンズの初登場です!
パナライカのノクチクロンのお味はどうです?って、これじゃ分かりませんよね・・・。

XZ-2に関しては素晴らしい操作性が決め手だったと書きましたが、そもそもこのメカメカしくも愛らしいデザインが大好きなのですよ・・・。




ラベル:E-M5

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。