2015年02月15日

CP+2015 その1 SIRUI

MSL03865_23_s.jpg


OLYMPUS E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 / FL-36R
75mm(換算150mm相当) F1.8 ISO200
フラッシュ:強制発光 ―1.7EV
仕上がり:Portrait
JPEG



ポートレートだからといって、オリンパスも負けてはいられません。

フォーサーズはボケない?

中望遠〜望遠に関して言えば、私には必要十分かな、という感じです。
あとは25mm前後の標準画角で、F1.0クラスの高画質レンズがあれば、もう何もいうことはありません・・・。
満足です。

今回は去年の反省(主に35-100mmF2.8を使いましたが、暗かった&逆光厳しかったです・・・)を活かし、ノクチクロン42.5mmF1.2と75mmF1.8をメインにして、さらに外部フラッシュまで持ち出して行ってきました。
(ちなみにフラッシュは普段使っていなくて下手なので、あくまでも補助光として、顔が暗くなりすぎないようにする目的で、光量を弱め、ディフューザーを付けて発光させています。テカらず自然に写ったので、結果オーライでした。)

今後何回かに分けてCP+の様子をアップしていきますので、フォーサーズセンサーの実力を是非見ていってください。




SIRUI


SIRUIというメーカーをご存知ですか?

上にリンクを貼りつけておきましたが、三脚メーカーです。

CP+では有名な企業のようで・・・といいますのは毎年かなりモデルさんに力を入れた出店をしているから、です。
(タイミングが悪いと人だかりがすごいです・・・。)

とてもサービスよく撮影させてもらえますので、私みたいな初心者が行っても安心・・・。

お勧めです。

あ、撮影させてもらったら、是非三脚も見ていってくださいね。

デザインが洗練されていて良かったですし、作りも良さそうでした。

たくさん撮らせてもらいましたので、いつか一本買います・・・。


2015年01月13日

MSL03247_03_s.jpg


OLYMPUS E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 / DCR-150
75mm(換算150mm相当) F5.6 ISO200
SILKYPIX DSP5



1月に入ってから、本当に寒さが身に沁みますね・・・。



マイクロフォーサーズ専用のマクロを持っていないので、75mmF1.8+レイノックスのDCR-150です。

一応、フォーサーズ用の50mmMacroを持っているので、パナライカの45mmMacroやオリンパスの60mmMacroはスルーしています。本当は欲しいのですが、そもそも50mmMacroを使いこなせないので買う勇気が起きない、という理由もありますが・・・。

マクロレンズは、今後発売予定のパナソニックの30mmF2.8Macroに興味があります。
あとは、今のところ予定もなさそうですが、100mmF2.8Macro(可能ならF2.0で)なんかが出てきたら嬉しいのですが。



ラベル:E-M1 DCR-150

2014年12月14日

秋・京都 その1 たぬきの家族

MSL01410_04_s.jpg


OLYMPUS E-M1 / M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
75mm(換算150mm相当) F2.0 ISO400
SILKYPIX DSP5



京都編2014、始まります。



ラベル:E-M1 京都編

2014年06月01日

Going our way !

MA303348_06_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
75mm(換算150mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5




2014年05月06日

マクロワールド

MA303678_03_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 / RAYNOX DCR-150
75mm(換算150mm相当) F3.5 ISO1250
SILKYPIX DSP5



久しぶりにマクロに没頭してみました。
・・・成果はこれ一枚ですが(苦笑)


私がマイクロフォーサーズでマクロレンズを買わない理由。
それは、1つにフォーサーズ用の50mmF2.0Macroを持っている私にとって『これぞ!』というマクロレンズがない点が挙げられますが、それよりももっと大きな理由が今回の撮影にも使っているレイノックスのDCR-150の存在です。

今までも何度も紹介していますが、とにかくマイクロフォーサーズ用レンズと相性が良いのです。

フィルターサイズ52mm径〜67mm径までのレンズであればワンタッチで取り付け可能。
マイクロフォーサーズレンズでは一番大きな口径のレンズでも67mm径です。
蹴られるかどうかは使ってみなければ分かりませんが、私の持っているレンズではほとんど使用可能な感じでした。

A:使って実用になったもの一覧
LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6

B:ズームレンジの一部で蹴られたものの使用可能なもの
LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6

C:(たしか)蹴られるもの
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

そのほかは試してないと思います。
私としてはマクロは望遠側でやるものだと思っているので、Aグループで使えれば問題なしですから。

75mmとの相性もばっちりで、とてもいい感じでした。


ラベル:E-M5 DCR-150

2014年04月30日

150mmF2.0に匹敵する超高画質

MA303287_05_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
75mm(換算150mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



やはり150mmF2.0のに匹敵することを売りにするだけのことはあります。

発売前のサンプルの時から感じていますが、この75mmは透明度がすごいですよね。

肉眼で見るよりもクリアな印象の写りをするレンズで、高い解像力と合わせてこれこそまさに150mmF2.0の特性そのものだと思います。




MA303365_07_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
75mm(換算150mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



「フルサイズなんていらない」かどうかはともかく、マイクロフォーサーズでも背景がとろけるようなボケを活かした写真が撮れ、しかも開放からこの超高画質。
とんでもなくバーゲンプライスなレンズだと感じました。



ラベル:E-M5

2014年04月29日

M.ZUIKO伝説の始まり

MA303382_11_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
75mm(換算150mm相当) F2.2 ISO100
SILKYPIX DSP5



なるほど、フォーサーズレンズのSHGレンズに匹敵するでしょう。

それがこのサイズで、です。
※全長69mmの重量305g。

「もっと早く買っておくべきだった・・・。」
「もう、フルサイズなんていらない・・・。」

それがこのレンズを使っての、ファーストインプレッションとなりました。


続く・・・。



ラベル:E-M5

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。