2011年06月20日

きらきら

Q2251481s.jpg




Q2251500s.jpg


E-3 / ED 50mm Macro / EC-14
70mm(換算140mm相当) F3.5/F4.0 ISO100






2011年05月12日

トキワツユクサ

Q2091357_raws.jpg


E-3 / ED 50mm Macro / EC-14
70mm(換算140mm相当) F5.6 ISO160



今回の写真とはなんの関係も無い話になっちゃいますが、
パナソニックの『LUMIX G3』海外で正式に発表されましたね。

レビューがdpreviewに載っているので、リンクを張っておきます。

それを踏まえて、個人的な感想を少し。

まず最初にざっくり調べて思ったのが、『Gの正当な後継機がなくなってしまった・・・』ということでした。

・グリップが小さすぎるし、シャッターボタンが変な位置に移動している。
・EVFにアイセンサーが無い。
・バッテリーが小さい(GF2と同じやつ)。
・左肩のドライブモードダイヤルの省略、その他操作ボタンの一部省略。
・正面から見て右上から見たデザインが気に入らない。

それから、大幅な高画素化。有効1230万画素だった今までの素子から、G3は一気に有効1600万画素(素子自体は1660万画素かな?)ですから、流石に高感度の出来が心配にもなりますって・・・。


そんな感じで最初のうちは結構がっかりだったのですが、ちゃんと調べてみるとそんなに悪いものでもないような気がしてきました。

dpreviewに写真がありますが、キヤノンのKissX5と比べるとその小ささが際立ちますね。上から見ると思ったよりグリップもしっかりしていますから、前に使っていたE-420よりも持ちやすいかもしれません。
それから、AFがGH2と同じで高速化されているのが魅力的。やっぱりAF系の信頼性は、そのカメラやシステムの大きな魅力になります。こればかりは速くて正確なほど良いですから。
あと、一番驚いたのは、高感度が予想以上に素晴らしい感じを受けました。一応サンプルのISO3200で、KissX5・GH2・E-PL2との比較をしてみたのですが、GH2に劣ってるようには見えませんし、寧ろ発色の良さではマイクロフォーサーズ系で一番だと思います。
逆にサンプルで気になったのは、解像の点では1230万画素のE-PL2と大差無く見えてしまいますし、その解像だってなんだかアンシャープマスク(画像処理)で無理やり頑張っちゃったような、線の硬いシャープさだったのが気になりました。一方E-PL2のシャープさは滑らかで自然で好ましいですね。

個人的には外観はG1〜G2の直系のほうが嬉しいのですが、ちゃんと調べてみると案外普段使いには良さそうです。
価格も抑えられてるようですし、ファインダー搭載型で動画を最重視しない人にはなかなか良い選択肢かもしれませんね。
左肩のダイヤルがなくなってしまったことだけは、どうしても悔やまれますけど・・・。

それから最後に、キットレンズの色が2種類になって変わったみたいですね。
ブラックバージョンの方は真っ黒な胴体にシルバーリングで、ちょっと格好良いいかも。



ラベル:E-3

2010年10月17日

しあわせは子猫のかたち

Q2170919_raws.jpg


E-3 / ED50mmMacro
50mm(換算100mm相当) F11.0 ISO400





2010年10月05日

解像力

P1020427s.jpg




P1020420s.jpg


LUMIX G1 / ED50mmMacro
1枚目:50mm(換算100mm相当) F5.6 ISO100
2枚目:50mm(換算100mm相当) F2.8 ISO100



今までは『フォーサーズはレンズに対してボディの性能が追いついていない』と言われてきました。

とは言っても、自分のE-3でも十分に解像しているものだと思っていました。
150mmF2.0なんかで撮った写真を見る限り、等倍表示にしても見るに堪える画像が出てきていたのですから。それに、1200万画素のG1にしたところで違いが分からなかったという理由もあります。画素数増やしたところで全然変わらないだろ、ならE-3で十分ではないか、と。

だから、1200万画素のE-5がいくら『1400〜1800万画素に匹敵するんだぞ〜』と謳ったところで、『ふーん、それは凄いねぇ。でも結局は1200万画素しかないんでしょ?』としか考えていませんでした。

しかしそれは大きな間違いだったのですね・・・(^^;

価格コムを見ている方ならご存知でしょうけど、こちらにE-5のサンプルがいくつか出ています。

凄いですね・・・。あまりの衝撃にポカーンって感じです・・・。

これのE三桁機バージョンを出してくれたらまだまだユーザーはついて行くでしょうに・・・。
フォーサーズレンズの凄さをもっとアピールして頑張っていってもらいたいものです。




ラベル:G1 昆虫

2010年09月18日

うえをむいて

Q2120234_raws.jpg


E-3 / ED50mmMacro / EC-20
100mm(換算200mm相当) F4.0 ISO100



やはりEC-20を付けるとボケが汚くなりがちだな・・・、と思います。
望遠マクロが欲しければ、オリンパスは諦めて素直にシグマで考えるしかないのかもしれませんね。
シグマ150mmF2.8なんかはシャープで良い描写ですし、AFが駄目だと言われていますが50mmMacroもダメダメですから大差ないかも。
私の場合、150mmF2.0があるのでもう一本150mmというのは目的が少々違うとはいえちょっと遠慮しておこうかなという感じですけど・・・。でも中古で良いのがあれば、興味はあります。

150mmF2.0にエクステンションチューブも考えましたが、使い勝手悪そうですし、対応表を見てもEC-20でも十分かなというような感じの最大撮影倍率しかでないみたいなので、とりあえず放置・・・。画質的にはEX-25のほうがEC-20よりも理論的には遥かに良いはずですけど、使いこなせなければ仕方ないですから。



ところで、テレコン等に関して一つ気になっていることがあるのです。

『フォーサーズレンズ』+『テレコンやエクステンションチューブ』+『フォーサーズアダプター』の組み合わせでマイクロフォーサーズボディに装着した場合、正常に動作しますか?

私の場合、以前パナソニックのG1で50mmMacro+EC-20を使おうと試したのですが、そのときAFはおろか、MFも絞りも動きませんでした。
フォーサーズボディでは、テレコン2枚重ねはレンズへの電源が断たれ動きませんよね。それと同じように、アダプター+テレコンも不可なのかな?と考えたのですが・・・。

ただ、価格コムを見てみるとどうやらPENではテレコンを挟んでも正常に動作するとか・・・?
そんな感じに読める書き込みがあり気になっていました。

ご存知でしたら教えてください。
将来的にメーカーがマイクロへ移行するのは構いませんが、テレコンがゴミになると困ります(^^;


ラベル:E-3

2010年09月13日

立ち枯れ

Q2120338_raws.jpg


E-3 / ED50mmMacro / EC-20
100mm(換算200mm相当) F4.0 ISO500



久しぶりの50mmMacroです。

このレンズはEC-20を使っても大して劣化が分からない点は魅力的です(ボケが汚くなりやすいことが唯一の問題点でしょうか)。
100mmF4.0Macroとして十分に機能しますよ。2倍になるので、単体では不可能な等倍撮影可能になる点は大きなメリットです。

テレコンが使える点は、パナソニックの45mmマクロエルマリートには真似できないこのレンズの強みですね。
オリンパス・パナソニック共に望遠マクロを出していませんので、(シグマ以外で選ぶなら)望遠マクロはこれしか選択肢が無いのが現状なのですが、50mm・70mm・100mmとして使えることを考えるとそれほど悪くないと思いますよ。


ラベル:E-3

2010年08月07日

おとしもの

P1020149s.jpg


LUMIX G1 / ED50mmF2.0Macro / MMF-2
50mm(換算100mm相当) F2.8 ISO100



本当に久しぶりに使いました、この50mmMacro。
AFと手振れ補正が利かないのは辛いですが、明るいレンズなので予想してたよりは使いやすかったです。



ラベル:G1

2010年05月23日

柔和

Q2148835s.jpg


E-3 / ED50mmMacro / EC-14
70mm(換算140mm相当) F2.8 ISO100



50mmMacroです。半年近く、このレンズの写真をアップしていませんでしたね・・・。

オリンパスはマイクロでも50mmMacroを出すようですが、どんなスペックで出すのか気になります。例えF2.8であっても、等倍OKでAFもスムーズなら、マクロエルマリートと比較しつつ乗換えで悩むのも良いかも・・・。




ラベル:E-3

2009年12月12日

オオカマキリ

Q2316675s.jpg


E-3 / ZDED50mmMacro
50mm(換算100mm相当) F4.0 ISO400



秋に撮影したオオカマキリです。この目つきがたまらないですね〜。

それにしても、昆虫の撮影は本当に難しいと感じます。
まず、ピント合わせが非常にシビアですからね・・・。これは野鳥の比ではないと思います。距離がある分被写界深度が深くなる野鳥は、こちらの体が数センチ前後するくらいではほぼ問題ないのですが、マクロではそうは行きません。

それと、昆虫マクロは体勢が悪い状態での撮影が多いです。一度捕まえてから撮りやすい場所で撮影するなら良いのですが、それやっちゃうとポーズが不自然になる昆虫、多いですからね。そっと近づいて、中腰で、あるいは手を伸ばしてライブビューで・・・、などという撮影ではピント合わせももっと厳しくなりますし、疲れますし・・・。

風景でも何でも上手く撮るには人より時間をかけて努力することが大切だと思いますが、特に昆虫マクロを上手に撮る人は根性あるなぁ、と本当に感心します。


ラベル:E-3 昆虫

2009年12月08日

紅葉の名残3

Q2017188s.jpg




Q2017199s.jpg




Q2017202s.jpg


E-3 / ZDED50mmMacro
1枚目:50mm(換算100mm相当) F4.0 ISO250
2枚目:50mm(換算100mm相当) F2.5 ISO250
3枚目:50mm(換算100mm相当) F5.6 ISO400



さて、紅葉編最後は50mmMacroです。


ところで、そろそろ写真のネタ切れです・・・。どうも寒くなると撮りに行く気が起きないもので。被写体が無い、という問題点もあるのですが。
過去にアップし損ねた写真で何とか食いつないで行きましょうか・・・。


ラベル:E-3

2009年11月01日

秋・感じる

Q2316699s.jpg


E-3 / ZDED50mmMacro
50mm(換算100mm相当) F2.8 ISO100



紅葉はなかなか良い場所を探すのは大変な気がしますが、ススキならどこにでもありますよね。
逆光に煌く夕方のススキも撮影したのですが、50mmMacroの逆光耐性の低さをあなどっていました・・・。ちょっと酷かったです。




ラベル:E-3

2009年10月31日

ハイキーで、柔らかく。

Q2316684s.jpg


E-3 / ZDED50mmMacro
50mm(換算100mm相当) F3.5 ISO100



防湿庫の肥やし状態では可哀想なので、久々に50mmMacro一本でちょろっと散歩してきました。
50mmMacroについては色々と書きたいことがありますので、残りもまた近々アップします。



ラベル:E-3

2009年09月09日

東北編] 野生の熊

Q2165043s.jpg


今日の写真は証拠写真ということで、画質も悪いので拡大表示はできませんm(__)m

今年は「熊」が多いという話はチラッと聞いていたのですが、まさか自分が出会うとは思いませんでした。
宮城県内を車で走っていたところ、道沿いの草むらに黒い物体が飛びはね走っているのが目に付きました。初めは「ん?タヌキにしては大きすぎるし、大型の野良犬か・・・?」とも一瞬考えたのですが、いやいや流石に大きすぎるしあの顔はどう見ても犬じゃないだろ(^^; と思ったので少し離れたところに車を止めてUターン、わきに置いておいたE-3+50mmMacro+EC-20(換算200mm相当の画角です)で車内から狙ってみました。何でこんなときに限って150mmを外したばかりなんだろうと少しだけ悔やみつつ・・・。
そして、ひっそりと待っていたところ道に出てきたのがこの子です。♀か子供かは知りませんが、小振りなツキノワグマでした。案外可愛いものでしたよ^^ もっとも、もし林道を歩いていたときにばったり出会ったらとかを考えるとゾッとしますが・・・。
手付かずの自然がどんどん小さくなっていく中で、熊もなかなか生き辛い世の中になってきているのでしょうね。


ラベル:E-3

2009年07月07日

P7070230_001s.jpg

E-420 / ZDED50mmMacro
50mm(換算100mm相当) F2.8 ISO100



E-420=VARIO-ELMARという組み合わせしかアップしていなかったので、今回は最近出番の少ない50mmMacroとの組み合わせです。
手振れ補正になれてしまうと、手振れ補正の無い組み合わせが恐くなりますね。気合いを入れなおさないと。


ラベル:E-420

2009年06月08日

昼寝猫

Q2040201s.jpg

E-3 / ZDED50mmMacro
50mm(換算100mm相当) F2.0 ISO100



我関せずで動かないでいてくれたので、歩みの鈍い50mmMacro+ライブビューでも撮れました。バシッと決まると、流石としかいえませんね、素直な良い描写をしてくれます。


最近は色々と、今後のシステムをどう構築していくか考えています。場合によってはレンズの大幅な入れ替えも視野に入れて、という感じです。
とりあえずは6月15日まで静観して、マイクロ見てから決定するつもりですが、あとはフォーサーズのレンズロードマップが出るのか否か、非常に気になっています。あと1週間・・・。


ラベル:E-3

2009年06月06日

紫陽花

Q2040177s.jpg

E-3 / ZDED50mmMacro
50mm(換算100mm相当) F2.5 ISO100



仕上がり『NATURAL』です。撮影時に背面液晶と本物とを見比べましたが、本当にNATURALな仕上がりで素晴らしいと思いました。
この仕上がりは(というかE-3というカメラは)長く使っていけるだけの作り込みがされている本当に良いものだと思いますよ。


ところで、ついにオリンパスのマイクロの新型(E-P1という機種)の本物ぽい画像が出てきましたね。「OMタイプのマイクロなら買う」と思っていたのですが、例のペンのフィロソフィーを継ぐ機体も格好良さそうで・・・。サブ機決めが悩ましくなりそうです。


ラベル:E-3

2009年06月05日

垣根

Q2040183s.jpg

E-3 / ZDED50mmMacro
50mm(換算100mm相当) F2.8 ISO250



このブログ初の仕上がり『NATURAL』で撮影した写真です。実はE-3を買って以来、箱開けてすぐに『VIVID』に設定して使ってきたもので、NATURALには興味がありませんでした。
しかし、実際使ってみると、何でこれがデフォルトになっているのかが良く分かります。背面液晶でNATURALに変更後最初に撮影した紫陽花(明日あたりにアップします)を見て、まさに肉眼で見たままのような色使いに感心しました。私の印象では、VIVIDは「自然な中にも印象的なインパクトを与える色」で、NATURALは「とにかく自然だが見ていて飽きない色」という感じでしょうか。日本的な美意識を感じさせてくれます。
どちらを選ばれても後悔はしないでしょうが、「仕上がり」は色々試してみると面白いかもしれませんよ。


ラベル:E-3

2009年06月04日

ドクダミ

Q2040161sto.jpg

E-3 / ZDED50mmMacro
50mm(換算100mm相当) F4.0 ISO320



久々の50mmF2.0Macroです。
軽くて寄れて、描写も良く明るい。良いレンズですね。
AF関係がもう少し良ければ、シャッターチャンスにも強くなって益々活躍できるのでしょうが、2代目は果たして発売されるのでしょうか?


ラベル:E-3

2009年05月07日

ツツジ

Q2069682s.jpg

E-3 / ZDED50mmMacro
50mm(換算100mm) F4.0 ISO320



雨の中でも使えるのがE-3の大きな魅力ですね。ボディもレンズもびしょびしょになりましたが、問題無しというのは心強いです。
雨での撮影の問題は専ら自分の体、ということになるくらいですよ・・・。
ラベル:E-3

2009年04月26日

ビオラ

Q2239636s.jpg

E-3 / ZDED50mmMacro / EC-20
100mm(換算200mm相当) F8.0 ISO400 露出+0.3補正



花の名前には疎くて、タイトル決めが大変です。

この時期はマクロレンズ大活躍ですね。というか、私の使い方だと他の時期にはほとんど活躍しないので、今の時期に使わないとどうしようもなく防湿庫の肥やし状態になってしまいかねません・・・。12-60mmが素晴らしすぎるのも原因の一つだとか・・・。

話変わりますが、24日にGH1を触ってきました。14-140mmと7-14mmも付けて遊んでみましたよ。
あのカメラは触らない方がいいです。危険すぎます(^^;使い易すぎるし、普段から持ち歩けそうなサイズだし、動体を追えるかは慣れの問題もあるでしょうがとりあえず欠点らしい欠点は見当たりませんね。あとは20mmF1.7を楽しみに待つというところでしょうか。


ラベル:E-3

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。