2009年06月21日

ツリガネズイセン

P6207983sto.jpg

E-420 / VE14-50mmF3.8-5.6
50mm(換算100mm相当) F5.6 ISO200



この花の名前、いまいち判然としないのですが、とにかく「ツリガネズイセン」というのの一種なのだろうと思います。

さて、私は最近このELMARに夢中なわけで色々試し撮りしていますが、このレンズを使って植物を撮るとしっとりと柔らかい味のある描写をするなぁと感心しています。ボケ方も悪くないと思いますし。イメージ的にはパナライカに共通した特徴のような気もしますけど、他は使ってないので良く分かりません。
ただ、惜しむべきはF値です。描写は良くてボケも悪くないのに、上手く撮らないと背景があまりボケなくてイメージ通りに行かないことがあると思います。描写の傾向からは柔らかさを活かして植物を撮るのに向いていそうなのに、使い方としてはパンフォーカスでシャープに街のスナップをするのに使いやすい感じがあります。逆に言えばどちらもそれなりにこなすともいえるのですが。


ラベル:E-420

2009年06月19日

高層ビル

P6187868s.jpg

E-420 / VE14-50mmF3.8-5.6
14mm(換算28mm相当) F8.0 ISO100



このレンズ、収差が多いかもしれない・・・。
といきなり言うと、「昨日と言っている事違うじゃないか!」と怒られそうですが、昨日の収差は「歪み」で今日言う収差は「色」なのです。

このレンズの描写の一番の特徴は、私が思うに「直線のものが直線に写ること」なんだろうと思います。とてもキットレンズとは思えません。竹14-54mmに勝るとも劣らず、のレベルだと思っています。
しかし、オリンパスが誇る優秀なキットレンズ14-42mmに負けているのでは?と思う部分も見られます。
一つ目はシャープさ。これは負けているというより、好みの問題かもしれません。シャープすぎるくらいシャープな14-42mmと、柔らかい描写の14-50mmF3.8-5.6、という印象です。ちなみに、12-60mmはシャープな中にも繊細さがある、という感じで流石としか言いようがありません。
そして二つ目が色収差です。まだ少し使っただけなのですが、F5.6くらいだとなんとなくモヤッとした感じが抜けてくれない気がするのです(特に白い被写体の周り)。今日貼ったF8.0の写真はビシッと決まっているのですが。
このあたり、よく検証していきたいなと思います。一度E-3に付けて色々撮影してみる必要があるかもしれません。万一手振れや僅かなピンボケだったら申し訳ないですから(^^;

いずれにしても、パナライカはZUIKO DIGITALとは性格が違うなぁとつくづく感じます。このレンズのお陰で全く興味の無かったELMARIT14-50mmF2.8-3.5にすら関心を持ち始めてしまいました(苦笑)
まさにパナライカの「撒き餌キットレンズ」なのかもしれませんね。←パナの目論みは失敗したようですが。


ラベル:E-420

2009年06月18日

新宿土産・・・?

P6187873s.jpg

E-420 / VE14-50mmF3.8-5.6
14mm(換算28mm相当) F5.6 ISO100



珍しく街スナップです。
ところで、今日このブログ見て何か違和感を感じた人はいませんか?

・・・・・、あ、なんか新しいカテゴリとタグが出来てますね(^^;
それと、14-42mmと70-300mmは二度と更新されることはなくなりました。ファンだった方、いらっしゃるか分かりませんがご期待に添えず申し訳ないm(__)m 中野の有名カメラ店にドナドナしましたので、是非買ってあげてください^^ 綺麗に使いましたので。

さて、本題のサブ機、もうお分かりでしょうけど散々悩んだ挙句にダークホース的なE-420とVE14-50mmF3.8-5.6にしてしまいました。素直にGH1+14-140mmとかにして置けば良かったのに・・・、とか思ったりもします(^^;

決めては何だったのかと言いますと、@見た目、Aパナライカとやらを一度使ってみたかった、B中古は買える値段だった、とまぁこれだけなんです(^^;
本当はVE14-150mmに出来ればよかったのかもしれませんが、旅行にあまり高価なレンズは持って行きたくないですし、なにやら壊れやすい(繊細?)という話もありましたので、ならば試しに最悪盗まれても壊れても良いやっていう安いVE14-50mmF3.8-5.6にしたわけです。VE14-50mmF2.8-3.5も一瞬考えたのですが、大きさが12-60mmSWDとほぼ同じでしたしコントラストAFも非対応、手振れ補正の効きがいまいち、との話から却下しました。

VE14-50mmF3.8-5.6を軽く使ってみての感想は、「何かゆるい・・・?」という感じですかね。F8.0だときりっとしますが、F5.6あたりではいまいち癖を掴めませんでした。12-60mmがシャープすぎるのかもしれません。
しかし、面白いレンズであることは確かだと思いますよ。E-420とのマッチは見た目もバランスも最高ですし、手振れ補正も体感2〜3段は効いているのでなかなかのものです。さらに、収差が非常に少ないので、建物撮りなんかでは力を発揮する気がします。
何にせよ、使いでのありそうなレンズで一安心でした。ボディも可愛いので気に入っちゃいました^^

にしても、事実上4本目の標準レンズ・・・。フォーサーズの標準レンズは沼が深すぎますね(--;


ラベル:E-420

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。