2015年02月02日

鎌倉散策

MSL03556_01_s.jpg


OLYMPUS E-M1 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
35mm(換算70mm相当) F4.0 ISO400
SILKYPIX DSP5





MSL03558_02_s.jpg


100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO400
SILKYPIX DSP5





MSL03560_04_s.jpg


100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO400
SILKYPIX DSP5




タグ:鎌倉 E-M1
posted by PIN@E-500 at 23:11| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

お気に入り

MA304381_01_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



使用頻度が激減している35-100mm F2.8です。

完全に42.5mm F1.2と75mm F1.8に食われてしまっていますが、私はこの35-100mmが今でもマイクロフォーサーズの中で一番のお気に入りだったりします。

お気に入りのレンズで撮るお気に入りの場所というのは、あたたかくていいものです。



タグ:E-M5
posted by PIN@E-500 at 21:49| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

CP+ パナソニックブース ミラーレス4K時代

MA302215rawsn.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO3200
OLYMPUS Viewer 3



基本的にはSILKYPIXで現像していますが、どうしても納得いかない場合には純正のViewer2(今では3)を使ったりもします。
正直に言えば、毎回RAWからいじる必要なんて無いのかもしれませんけど、現像も楽しいのでついついいじってしまうんですよね。



さて、2月のCP+も過ぎ去り、現在はNAB2014というイベントが行われているようですね。
CP+で注目されたパナソニックのGH4は、ミラーレスカメラ初の4K動画撮影機能が注目されました。

そこで黙っていないのがライバル(?)のソニー。
NAB2014では4K動画撮影機能を搭載したフルサイズミラーレスカメラ『α7S』なるカメラを発表してきました。
このカメラ、ちょっと驚きなのが撮影可能な高感度の値が尋常ではないこと・・・。
なんとISO409600というトンデモナイ設定が可能なようです・・・!

私の今回の写真はISO3200。
一昔前のフォーサーズセンサーでは夢の値でした。
先日仕事でE-M5を使うことがあったのですが、非常に厳しい条件でしたので、初めて最高ISO10000まで使用しました。
それでも色のりが悪くなかったため、小さいサイズでなら十分使用可能な写真が撮れたと思っています。ビックリですね。

ISO10000でももはや私の常識外、夢のまた夢だったのです。ISO400000という世界がどんな暗闇を写し出せるのか、ちょっと興味ありますね!


・・・と、脱線して4Kについてすっかり書き忘れました。

今回はこのα7Sだけでなく、ブラックマジックとJVCケンウッド(ビクター?)がそれぞれマイクロフォーサーズマウントを採用した4Kビデオカメラを発表しています。

スチル写真用として始まったミラーレスマウントの乱立時代ですが、動画の世界でも4K時代を見据えて熱くなってきましたね!
動画はやらない私ですが、GH4やα7Sのように4Kを取り入れての開発で写真画質もより良くなるのでしたら、動画戦争も歓迎です。



タグ:E-M5
posted by PIN@E-500 at 23:12| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

雨中の桜

MA302990_08_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F3.5 ISO200
SILKYPIX DSP5



今年の桜は雨の中での撮影となりました。

本当はノクチクロン中心で撮るつもりだったのですが、雨だったので35-100mmを選択。

マイクロフォーサーズシステムも、防塵防滴ボディが3シリーズ、防塵防滴レンズが5本(標準3・望遠1・マクロ1)となり、屋外での撮影も最低限安心して楽しめるレベルにはなってきましたね。



MA303006_18_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F5.6 ISO400
SILKYPIX DSP5



雨は雨で風情があって良いものですが、青空の中で撮りたかったですね。



MA303017_23_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F3.5 ISO200
SILKYPIX DSP5





タグ:E-M5
posted by PIN@E-500 at 23:36| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

CP+ 富士フィルムブース

MA302262_sn.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO800
SILKYPIX DSP5



X-T1のタッチ&トライコーナーにいたモデルさんですが、外野から目線をもらっちゃいました。


オリンパスのE-M5発売以降、所謂一眼レフスタイルのミラーレスカメラがちょっとしたブームになっていますね。

富士のこのX-T1が大本命だという人も結構いたようで、CP+のこのコーナーは会場で1,2を争う大人気コーナーとなっていました。

個人的には富士のボディでこれぞというものは無いのですが(というのもX-T1がしっくりこなかったので)、レンズ群はかなり充実して魅力的なものになってきていますね。
シェアはともかく、本命で揃えるシステムという見方ではミラーレス第2の勢力に成長したといえるのではないでしょうか。

もしも富士を使うのなら・・・23mmF1.4/35mmF1.4/56mmF1.2の3本を使ってみたいです。




タグ:E-M5
posted by PIN@E-500 at 23:59| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

CP+ オリンパスブース

MA302119_sn.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO1000
SILKYPIX DSP5



今更感ありますが・・・せっかくなのでCP+ネタを書きたいと思います。

というわけで、オリンパスユーザーなのでまずはオリンパスから(前回散々パナソニックで書いてしまった気もしますが・・・)。


私がオリンパスブースに向かった理由は主に2つありました。

一つは『E-M1とスタイラス1のミニチュアストラップが欲しかったから』。
無事ゲットできて何よりでした。

そしてもう一つはこれです↓

MA302272_s.jpg

(M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PROで撮影)

開発発表されたM.ZUIKO群のPROシリーズレンズのモックアップを見たかったからです。

特に 7-14mm F2.8 については、大きさがすごく気になっていました。
結論をいえば(写真を見てもらえば分かるでしょうけど)既に発売されている 12-40mm F2.8 にフードを付けた状態と大差ない大きさのようです。

これは非常に嬉しいサプライズでした。
発表時の資料を見て小さそうだとは思っていましたが、スペックを考えると驚異的です。イメージ的には
・最大径×長さ 78mm×110mm
・重さ 425g
くらいじゃないかと想像しているのですが、どうでしょうかね?
なんにせよ、この7-14mmについては今一番楽しみにしているレンズです。パナソニックから対抗馬が出てこなければ(例えば現在の7-14mmに手振れ補正をつけた後継機 LUMIX G X VARIO 7-14mm F4.0 Power O.I.S. など)、価格次第ですが購入したいと思っています。

ちなみに他のPROレンズはなかなかに大きめでしたよ。

40-150mm F2.8に関しては、イメージ的には少し小さい50-200mmSWDといったところでしょうか。
見た感じ750gくらいかと想像しています。
今回の記事で使用しているパナソニックの35-100mm F2.8が360g。小型軽量かズーム範囲かで悩む人結構出るのではないでしょうか?

300mm F4.0 PROはデカかったです。50-200mmSWDよりだいぶ大きく見えました。
1100gくらいあるのではないか・・・?という印象ですが、このスペックで1100gはなかなかに重量級といわざるを得ないでしょう。ですから見た目の印象よりももっと軽いのかな?と淡い期待をしています。
あとはこのレンズ、フード内蔵に見えました。フード取り付け部分が無いのと、先端の色が2色になっているので、コンタックスのレンズようにフードを引っ張り出せるのではないかと。可能なら便利なギミックはどんどん取り入れていって欲しいですね。


4本のPROレンズが揃えば、既に発売されているオリンパスプレミアムシリーズの単焦点や、パナソニックのXレンズ・LEICAレンズなどと合わせて、画質優先でも不足のないレンズラインナップになりそうですね。
2014年度・2015年度中にどれほどのレンズが揃うのか、楽しみです。



タグ:E-M5
posted by PIN@E-500 at 17:46| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

春の新製品

MA301958_s.jpg


OYLMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
35mm(換算70mm相当) F4.0 ISO200
SILKYPIX DSP5



CP+、始まりましたね。

実は私、行ってきちゃいました。

いやぁ・・・面白かったです。びっくりしました。

4時間くらいぐるぐる回りましたが、半分はパナソニックブースで過ごした気がします・・・。

今日は雪のためCP+自体がなんと中止だったようですが、明日行かれる方は他行く合間にパナソニックブースもちょくちょく行くと楽しめると思いますよ。
もちろん、カメラをお忘れなく。内蔵フラッシュがなければ、小さいのでも良いのでストロボも持っていったほうが良いです(私は要らないと思ってストロボ持っていかず、悔しい思いをしました。E-M5はフラッシュ内蔵していないので)。


ざっと見た感じですが、新製品で行列が出来るほど人気を集めていたのは2つありました。

富士フィルムのX-T1。
シグマの新・DPシリーズ。

この2つは物凄い行列でしたよ・・・。
私は10分15分待ちが面倒だったので、結局触りませんでした。何もお話できません・・・。


パナソニックブースでは新発売のノクチクロンでモデルさんを撮影できるコーナーがあり、絶対人気だと踏んで一番に駆け込んだのですが・・・待ち時間無しでGX7+ノクチに触りたい放題でした・・・。私がどいても誰も来なかった・・・。
ちなみにパナソニック製カメラであれば、自分のカメラにノクチをつけてモデルさんを撮っていいとパナの人が言っていました(つまりオリンパスE-M5の私は断られたわけです・・・)。私もG1持っていけば、ノクチで撮影したデータを持って帰れたのに!!
というわけで残念ながら、ノクチクロンで撮影したモデルさんの画像は持って帰れませんでしたので、公開出来ません。ごめんなさい・・・(笑)

あとパナソニックでいえば、GH4体験コーナーはなかなかに盛況でした。並ぶほどではないですけどね。
GH4に関しては、ミラーレスの一つの到達点を感じさせる出来だったと思います。レスポンスが良い。
GH3で懸案だったファインダーは改善され、E-M1と同程度な感じ。E-M5よりは間違いなく良いので、通常使用では必要十分でしょう。
AF-Cでの動作も安定していました。歩いている人でしか試せませんでしたが、私のE-M5とは雲泥の差ですね・・・。一眼レフ機のE-3よりも断然良いでしょう。ちなみにレンズは新14-140mmで試し。
他には何気に背面ダイヤルのクリックでの切替(絞り⇔露出補正)機能が消滅していて(GH3で切替できるのが不思議な無駄機能だったわけですが)操作ミスを防ぐ意味で良い変更点だと感じました。
それから、ユーチューブに公開されている4K動画の本物(4Kテレビで再生されていました)も見ましたが、圧巻です。
また動画ばかりが注目されていますが、何より嬉しいのが写真のクオリティについてで、本当に素晴らしいものでした・・・。プロのギャラリーを見た限りでは、色の深みが増しているような印象です。ヴィーナスエンジン、進化しましたね〜。
とにかく、買えるかどうかはともかく、とても楽しみです。


オリンパスブースでは、社員さんと新25mmF1.8&9mmボディキャップ魚眼の話題で盛り上がりました。

新25mm、良いレンズでしたよ・・・。
私はパナの20mmも25mmも両方持っているので、オリの25mmF1.8には全く興味を持てなかったのですが、触って印象がガラッと変わりました。
とにかくAFがめちゃめちゃ速い!!驚きの速さです。
ボケは、E-P5の綺麗な背面液晶で見る限り、特に気になることも無く素直な印象でした。あくまでも背面液晶で見た限りですが・・・。

9mm魚眼は、15mmボディキャップレンズと比べ、見た目が微妙に格好良くなっていました。
魚眼なんでMFでも良いかなぁと思いますし、140度という案外使いやすそうな画角もあって、購入したくなりました。


っと、長々書いてしまいましたが、そのほかにも普段なかなか見ることが出来ないもの等見ることが出来、色々と興味深かったです。
新製品っていうのはいいものですね!



タグ:E-M5
posted by PIN@E-500 at 22:00| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

雪の翌朝

MA301951_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F4.0 ISO200
SILKYPIX DSP5



寒いのが嫌なので普段であればこんな日には外には出ないのですが、今日は用事があり出かけることに。
せっかく出るのだからと、E-M5にM.ZD12-40mmとX35-100mmをお供に散歩してきました。

晴れた日の雪景色、まぶしいですね〜。
ちょっと感動したのは、ISOオート設定で撮っていた際に表示が『ISO LOW』となっていた瞬間があったこと。
ISO100相当の新機能、しっかり働いてくれているようで何よりです。
ついでにいえば、AFターゲットはファームアップ以来常にスモール設定にしています。これも非常にありがたい新機能でした。


ところで、E-M1に関して興味深い事実が明らかになったようですね。
なんと、センサーがパナソニック製だったとのこと。
個人的には非常に嬉しく思います。E-3やG1の頃のパナソニックセンサーの写りが好きで、いまだにソニーセンサーのE-M5には違和感を感じることがありますので。なんとなく晴れの日が濁っているような雰囲気になってしまうんですよね(SILKYPIXで頑張ってすっきりさせてようとしているのですが難しい・・・)

GX7をはじめ、最近のパナソニックは長年弱点だったセンサーまでもが勢いがありますね。
この勢いで頑張ってもらいたいです。



タグ:E-M5
posted by PIN@E-500 at 22:53| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

情緒

M3294715_04s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO1600
SILKYPIX DSP5



以前アップした写真の別バージョンです。

私がパナソニック製レンズを気に入っている大きな理由の一つが『その場の雰囲気を写すことに優れている』と感じるからです。
自分が見た景色がいつまでも色あせずに残せる、情緒豊かな美しい写真に仕上がるからです。

特にその傾向が強いと感じるレンズが、私の使っているものではこの35-100mm F2.8と、25mm F1.4ですね。

他に、ネット上の作品などを見て同類だと感じるレンズは12-35mm F2.8、それから今度出るNOCTICRON 42.5mm F1.2もどうやら良い雰囲気に仕上がりそうな気配を感じます・・・。
パナソニックの高級レンズはどれも機械的な測定結果は完璧ではありませんが、実写では素晴らしい作品が仕上がります。実写での雰囲気重視の設計なのでしょう。75mm F1.8に代表されるように、測定の数字的にも完璧なレンズを目指すオリンパスとは違うので、どちらのメーカーをより好むのかは意見が分かれるところかもしれません。

パナソニックレンズのファンとしては、NOCTICRON、楽しみですね・・・。
早く触りたいですね・・・。




タグ:E-M5
posted by PIN@E-500 at 23:43| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

京都編 その4

P1090633_s.jpg


LUMIX G1 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO250
SILKYPIX DSP5



高倍率ズームならともかく、私みたいに何でも撮る&単焦点や3倍程度のズームレンズがメインの人間にとって、2台体制は欠かせません。
E-M5が主力となっている現在では、積極的にG1を使うということは基本的に無いのですが・・・

とはいえ、使うと案外E-M5より優れている点もあるんですよ、実は。

例えば今回のような状況。

私は中心右付近の中で一番下の葉っぱにピンポイントでAFして、G1は期待通りにピントを合わせてくれました。G1にとっては当たり前の動作です。
でもこれがE-M5では出来ない・・・。裏技的にそこそこ小さな範囲を狙ってAFさせることは出来るっていえば出来るのですが、正統じゃないし、その技を使用中には機能制限も出てきます。しかもG1より範囲が広くて精度が悪いし・・・。

何故2008年に発売したG1にピンポイント&任意の場所でのAFが出来て(しかも精度がすごく高い)、E-M5には出来ないのか・・・。
E-M5は通常時でもしばしばピント外しますし、なんだかなぁ・・・とAF関係については不満もあります。

E-P5やE-M1では完全な任意ではないもののデフォルトの場所でならピンポイントAF可能となっているので、AF関連の大きな不満が緩和されていそうですが、精度的にはどうでしょうか。

AFエリア&AF精度と、液晶の可動範囲以外ではE-M5の圧勝といって良いかと思いますが、AF関係の良さって撮影の楽しみに影響大きいですから、頑張ってほしいなぁ・・・と思います。



P1090632_s.jpg


LUMIX G1 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO320
SILKYPIX DSP5



逆側から撮影。
35-100mm F2.8自慢の、ぐるぐる見えるボケ・・・。




タグ:京都編 G1
posted by PIN@E-500 at 01:39| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

今年のまとめ その1

MA300049_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
35mm(換算70mm相当) F4.0 ISO200
SILKYPIX DSP5



お気に入りNo.1の 35-100mm F2.8 です。

さて今年も残り僅かになってしまいましたね・・・。

今年最後の大物(12-40mm F2.8)も届いたことですし、まとめに入りましょうか。

自分のマイクロフォーサーズ暦を書くと、こんな感じです。

2009年
LUMIX G1
LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6

2010年
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
LUMIX G 20mm F1.7

2011年
LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6

2012年
OM-D E-M5
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3(売却)
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8(シルバー/里親へ)
LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
LUMIX G 14mm F2.5

2013年
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8(ブラック)
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8

・・・マイクロフォーサーズの勢いが止まりません。
もしも今年、パナソニックからノクチクロン42.5mmが出ていたら、最後の一本どうするか大いに悩んだことでしょう(一応、最大でもレンズは年に3本まで(ただしボディに付属の安キットレンズは除く)と考えているので)。

とにかく、今回の12-40mm F2.8を加えて、漸く5年目でマイクロフォーサーズのシステムが一通り完成しました。
あと、(ノクチクロン以外で)足りないとすればマクロレンズが欲しいですね。
中古で安くなってきたマクロエルマリート45mmが使いやすそうで気になってるのですが、ノクチやフォーサーズの50mmMacro、45mmF1.8などとも被る焦点距離というのがネック・・・。
まあ、マクロは我慢というか、じっくり待てますので来年以降のお楽しみということで。

来年といえば・・・
来年もマイクロで突っ走るとすれば、かなり厳しい年になりそうです(金銭的に)。
1:ノクチクロンが出る。
2:オリンパスの40-150mm F2.8が出る。
3:そろそろE-M5の次も考えたいですよね(1/8000シャッター搭載機で)。

どれも高そうです・・・。



posted by PIN@E-500 at 15:59| Comment(2) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

お気に入りNo.1で撮る風景 〜LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8〜

MA300121_1_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
50mm(換算100mm相当) F5.6 ISO200
SILKYPIX DSP5



マイクロフォーサーズレンズに関していえば、私は9本のレンズを使ってきました。
そのうち8本は良いレンズで、現在も手元に残し続けてあります。
(ちなにみ本題とは外れますが・・・許容できなかった1本はオリンパスのM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3です。)

8本どれもが良いレンズなので、No.1を決めるのは難しいのですが、やはり私にとってのNo.1レンズはこれでしょう!

LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8』です。

いいところを上げれば限が無いのですが、一言でいえば「使用を前提としたバランスの良さ」でしょうか。

1:まず第一に、どこにでも持っていける点。
重さ360g・長さ100mmを切る携帯性の良さなので、どこへでも持っていけます。
街中で使ってもそんなに怪しくない!(たぶん・・・)

2:開放F値の明るさ。
F2.8なので昼夜問わずにどんな条件下でも使い込めます。
迷ったらこれをつければ安心のハイスピード・ズームレンズです。

3:ズームレンズ&使いやすいズーム範囲。
風景・ポートレート・イベント、何でも来いの定番画角を押さえている点。
迷ったらこれをつければ安心の(以下同文・・・)

4:安定した画質。
レンズである以上これは除けないでしょう。
高い解像力・どんな条件でも破綻する部分の無い安定性/均一性・逆光への強さ。
迷ったらこれを(以下同文・・・)


「迷ったらこれをつければ安心の優れたレンズ性能」+「迷っても迷わなくてもどんなときにも持ち出せる携帯性」という点において、唯一無二の望遠レンズであり、「使用を前提としたバランスの良さ」が輝く一本だと大いに評価したいです。


敢えて問題点を挙げるとするなら・・・何度も言ってますが「口径食によるボケの汚さ」でしょう。
逆にそれ以外には一切問題がないといっても良いくらい。
ちなみにボケも毎度必ず汚いわけではないのです。背景に暗い色の線のような被写体が入るととりわけ汚い感じに目立ちますので、それを気をつければ案外滑らかなボケの表現が楽しめるレンズでもあると、フォローしておきますね。


追記・・・
私、このレンズを使っていて「このレンズだったから撮れなかった・・・!!」という悔しい体験は未だにありません(もちろん画角が合う前提でですが)。
そんなレンズはオリンパスのZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD以来です。
故に、私にとってのNo.1なのです。


posted by PIN@E-500 at 01:43| Comment(2) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

もう”一眼レフ”には戻れないかも・・・?

M6306029_01s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F8.0 ISO500
SILKYPIX DSP5



パナソニックのこの35-100mmは本当に良いレンズです。
前々から書いている口径食の問題さえなければ文句のつけようがなかったのですが、まあ味として割り切りましょう・・・。口径食がダメなシーンではオリンパスの45mmF1.8とかを使うのも手ですし。


最近はよく「もう一眼レフには戻れないなぁ・・・」と思います。
20mmF1.7はともかく、35-100mmF2.8や45mmF1.8、それから150mmF2.0などの大口径レンズを使う際、コントラスト式AF+EVF(電子ビューファインダー)は本当に素晴らしいです。全画面で可能なAFで(MFアシスト含めて)簡単にバチピンを狙えるんですから、位相差式AF+光学ファインダーからしたら夢のような使い勝手。

最近はポートレートも多い関係で、35mmフィルム判(フルサイズ)も欲しいなと思うのですが、大きさとファインダーの種類、それからAF方式の関係で躊躇してしまいます。
光学ファインダーが良い時もあるのは分かっているのですが、オリンパス同士なら少なくとも私はEVFの方が好みですね。最新のVF-4クラスの見やすさなら、大して動かないもの相手ならデメリットよりメリットのほうが圧倒的だと思いますよ。

というわけで、実はポートレート用にフルサイズミラーレスに期待しているのです。
50mmF1.7/85mmF1.8で良いから、出ないですかね?
噂のソニーのが35mmF2.8だとかいうし・・・ボケを活かしたいんですけどね、せっかくの大型センサーなら。
高感度含め画質自体はE-M5で満足していますから。


タグ:E-M5 DCR-150 昆虫
posted by PIN@E-500 at 22:22| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

物欲あれこれ 〜ボディ編〜

M6306032_02s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 / DCR-150
50mm(換算100mm相当) F2.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



写真は某掲示板で紹介してしまったものですが・・・
レイノックスのマクロコンバージョンレンズ DCR-150 をつけて撮ったものです。
このレンズのテレ端である100mmで使えば大体0.4倍〜程度でしょうか?なかなか良い感じでマクロ撮影が楽しめますよ。


さて、話は変わって・・・

実は今、というか以前からですけど、ず〜〜〜〜〜っと普段用小型カメラをどれにするか悩んでいるのですが、漸く決まりそうです。あとは価格次第!

もう少し安くなるのを待って、E-PL5を買おうかと考えています。

実は最近までものすごく悩んだんですよ、E-P3にするかE-PL5にするか・・・。

E-P3は作りが良くデザインがPENの中では物凄く好み。液晶が大きく、ダイヤルが一応2つあるので操作性も及第点。ツインレンズキットが4万円の今、超お得!(実は17mmF2.8にも興味があるのです)
E-PL5は、E-P3の流れを汲むデザインで好みですし作りもかなり良好。ダイヤルが一つなのと液晶が実質非常に小さいことがマイナスではあるものの、苦痛に感じるほどではなく許せる範囲。画質は割とどうでもいいものの、メインで使っているE-M5と同等なら安心ですし、新機能のスモールターゲットAFが魅力。

で悩んでいたのですが、結局決め手は
・可動式液晶
・シャッターのレスポンスの良さ
・小型軽量でE-M5とより差別化できる
という3点でE-PL5に決めちゃおうと思います。

高画質+コンパクトはXZ-2から始まりRX100、LF1など色々考えましたが、E-PL5+LUMIX G 14mm F2.5くらいなら十分普段から持ち歩けるだろうと思ったのと、やはりメカニカルシャッターじゃないと撮ってる気がしないのでつまらないというのがあり、どうもコンデジは性に合わないので中止に(でもLF1はかなり気に入りました)。

E-PL5を買ったら、少しずつカスタムしたいものです。


タグ:E-M5 DCR-150
posted by PIN@E-500 at 23:02| Comment(2) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

あばたもえくぼ・・・とはいかなくて。 ≪※内容更新あり≫

M3244302s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



つまりですね・・・一言でいえばこのLUMIX G X 35-100mmは目をつむれないほどボケが汚・・・独特なのです(特に100mmF2.8で顕著)。
あばたはあばた、なのです。

私がオリンパスの45mmF1.8の再購入を決めたのは、ボケを活かした写真を撮りたいシーンではこの35-100mmF2.8を信頼しきれなかったから、という理由も大きいです。

素人の考えでは、このボケの汚さは『口径食』が最大の原因かとみていますので、おそらくはF3.5〜4.0とかに絞って使うようにすれば、バリバリにシャープで適度にボケる良いレンズになると思うのですが・・・ぼかしたいときにはついついF2.8で使ってしまってあまり絞った写真がないのです(^^;
まぁ、F4.0通しのレンズと考えても十分に軽くて優秀なレンズだと思いますから、背景を選んでF2.8を使うようにすれば十分期待に応えてくれると思うんですけどね。

背景が細かくて色の異なるもので構成されてるシーン、たとえば色とりどりの落ち葉の中でのポートレートなどでは注意したほうが良いと思いますよ。なんというか・・・口径食のせいで周りがぐるぐるボケのようになって、結構おどろおどろしい雰囲気になってしまいますから・・・。
というわけでポートレートではちょっと期待と違いますが、風景では使いやすくて概ね期待通り(ボケの問題は今回の写真のように付きまといますが)、夜景では驚くほど素晴らしい、というのが私の今の評価です。

もしオリンパスが同等の画角でボケ味の綺麗なレンズを出してきたら、飛びついちゃうかもしれません。
45mmF1.8/60mmF2.8Macro/75mmF1.8と、ここの所ボケ味が売りのレンズをどんどん出してきてくれてますので、頑張ってほしいと思います。



追記:

M5035051左下_02s.jpg

左下切り取り

M5035051_1右下_01s.jpg

右下切り取り

海岸で撮った写真のボケですが・・・こんな感じです。
100mm の F2.8で撮影。
中心を取り囲むようにぐるぐるしてるように見えちゃうんですよね・・・これ。
本当に本当に良いレンズだけに・・・、このボケ味だけが唯一残念です。


タグ:E-M5
posted by PIN@E-500 at 21:42| Comment(4) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

パナソニックのG

P1090149_01s.jpg


LUMIX G1 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F4.0 ISO100
SILKYPIX DSP5



水曜日にパナソニックの5代目Gシリーズである『G6』が発表されるようですね。
GH2の後継機としての役割を負っているとか、ボディ内ぶれ補正があるとか(最新情報ではGX2までお預けとの噂になりましたね)、14-140mm後継機も同時に出るとか、そんな噂があるようです。

14-140mmの後継機は出るのが当然だと思います。
今となっては大きい・重いの筆頭ですから・・・スペックに比べて。
なんせ今後タムロンの14-150mmF3.5-5.8が、重量280gで出るという話ではないですか。
今の14-140mmと比べたら、価格が同じでも私ならタムロンを選んじゃいます。もちろん、AFがしっかり機能する前提でですが。

デザインを新型に合わせて、しかも小型軽量に進化させてきてくれたら、魅力的なレンズになるんじゃないかな?と思います。個人的にはさらに小さくするために、14-100mmF3.5-5.6の220gとかでもズーム倍率は十分だと思うんですけどね!むしろ10倍で長いレンズより、7倍で小さく軽いほうが売れるのでは・・・?

話が逸れました・・・。

7倍ズームで小さい・軽いといえば・・・
パナソニックのLF1っていうコンパクトデジカメの噂が出てますね!
7倍ズーム・1/1.7型センサーという噂が出ていますが、なかなか魅力的に感じます。もちろんレンズクオリティ次第ではあるのですが。
換算28-200mmっていうのは一般的な撮影のほとんどに対応できる能力があると思います。
F2.0-2.8とかで万が一出てきたら、もう欲しくてたまらないかもしれません・・・。
先ほど書いた(妄想)14-100mmF3.5-5.6の220gとの比較でどっちを買うか考えたいと思います(笑)

で、本題のG6についてなにも書いてなかったですね・・・。
私がパナソニックと比較してオリンパスを選ぶ決め手となる理由はたった一つ、『ボディ内ぶれ補正があるから』です(逆にいえば、E-M5のボディ内ぶれ補正が他の機能を圧倒するほどに素晴らしすぎることの証明でもあるのですが)。
パナソニックのG5が使っているパナ製1600万画素センサーは美しいと思いますし、タッチパッドAFは最高に使い勝手が良いです。極小AF枠を思い通りにスパッと任意の場所に移動可能なAFシステムというのは、パナソニックにしかないのではないでしょうか?先進的でしかも洗練された機能だと思います。
オリンパスにもタッチパッドAFと、極小AFを搭載してくれたら良い勝負になるのですが・・・何故かE-M5にもスモールターゲットAFを載せてきませんし、力入れてないんですかね?

とにかく、水曜日が楽しみです。まあ、E-M5とキャラ被るでしょうから、G6が良いカメラでもおいそれと買えないですけどね。

余談ですが・・・GF6も良いカメラだなぁ・・・と思います。
正直ボディ内ぶれ補正が入ってたら、買ってしまうかもしれないくらいに・・・。
オリのE-PL5も可愛いのですが、液晶が横長すぎて小さいのが辛いですね。パナと同じように3:2にはしてほしいです。

タグ:G1
posted by PIN@E-500 at 22:45| Comment(2) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

向こうに見えるオレンジ灯

M3294725_05s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
64mm(換算128mm相当) F2.8 ISO2000
SILKYPIX DSP5



昔やっていた趣味の影響かなにか分かりませんが、走ればたどり着けるくらいの場所にあるオレンジ灯の団体を見ると、なんだか懐かしいような寂しいような、そんな感慨を覚えます・・・。


最近は撮影の5割が35-100mmって感じですね。
あとは20mmF1.7が3割、14mmF2.5が1割、9-18mmと100-300mm合わせて1割、って状態です(感覚的に)。
35-100mmとなにか広角〜標準が1本あればなんとかなる感じです。

こういう『自分の決めレンズ』があると撮影が捗って楽しいですね!
35-100mmのおかげで他の機材の必要性が薄れたからか、次に買いたいレンズが余計に決まらなくなった気がします(^^;でも物欲だけは消費されずにたまっていくのですね・・・(苦笑)


posted by PIN@E-500 at 00:05| Comment(4) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

淡い色

M3294607_03s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO250
SILKYPIX DSP5



(少なくとも自分のモニター上では)綺麗に桜の花びらの色を再現できてるな〜と思います。
引き気味の写真だと特にですが、桜色の再現はとても難しいですよね。
いや・・・それどころか桜の写真そのものが難しいですけど・・・。

もう今年の桜も終わりですね・・・。
今年は本当にたくさん撮れましたし、楽しくて良い思い出になりました。


タグ:E-M5
posted by PIN@E-500 at 19:09| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

フォーサーズ、どうしましょう・・・?

P1090161_04s.jpg


LUMIX G1 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO100
SILKYPIX DSP5
テイスト:ハードモノクローム



LUMIXの35-100mmは本当に良いレンズですね〜。
最初は「あれ・・・?」っていう微妙な印象のレンズでしたが(正直に言えばハズレを引いたかと思ったほど)、使えば使うほど良い味出してくれるようになってきました。


先日、E-M5にZUIKO DIGTAL ED 150mm F2.0と、G1にこの35-100mmを持って散歩してきました。
今度アップするつもりですが、150mm単体の描写は恐ろしい・・・。
描写の美しさに見惚れてしまいます。

ですが・・・G1にこのLUMIX35-100mmの組み合わせの軽快さと比べてしまうと・・・今後が悩ましいところです。
果たしてこの大きさ重さという不便さを抱えてまで最高の描写に拘らなければならない瞬間って来るのだろうか・・・と考えるとまずそんなことは無いでしょう。画角の違いを置いておけば、35-100mmで撮れなくて150mmF2.0でなければいけないときって、想像が出来ないといいますか・・・。

150mmを売るかどうか、そして150mmを売ってしまうならいっそのことフォーサーズとお別れもありかと現在考え中なのです。
まあ、E-3と12-60mmだけは使わなくとも残そうかと思ってますが。

150mmF2.0
50mmF2.0Macro
EC-14
EX-25

売るとしたらこれですかね。
これを売ってマイクロを強化するか、ソニーのRX1みたいな持ち運べる最高画質を新しく加えるか、あるいはその他の選択肢か・・・。

もしフォーサーズを売ってマイクロを強化するならいっそE-M5も売ってしまって、GH3と12-35mmを入れるのもありかもとか、妄想が広がるばかりです・・・。
そもそもE-M5はフォーサーズレンズ延命のために入れたようなものですから、12-60mmだけになってしまうのならGH3の方が自分には合ってそうな気がします。ファインダー問題だけが気になりますけどね。

なんにせよ、150mmがいくらで売れるかですかね〜・・・。
ちなみに私の150mmF2.0は、キタムラの(今年12月までだったと思います)5年保証つきで、お徳ですよ!(笑)



タグ:G1
posted by PIN@E-500 at 23:26| Comment(2) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

温黒硬調

P1090160_03s.jpg


LUMIX G1 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO100
SILKYPIX DSP5
テイスト:温黒硬調



モノクロも、良いものですね〜。

写真を撮ってないので現像で遊んでいます・・・(^^;



最近は明るい時間が長くなってきたので、カメラを持ち歩きたくなります。
とはいえ・・・E-M5にG14mmF2.5もしくはG20mmF1.7でも結構重いですし、なにか良いもの無いですかね〜・・・。

今更ながら、RX100もRAW現像すればかなりいけるんじゃないかと思い始め、興味がわいてきました(RX1に惹かれてる影響が強いのかもしれませんが)。
レンズと機能性のXZ-2か、センサーのRX100か・・・悩ましいところです。


タグ:G1
posted by PIN@E-500 at 22:41| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。