2014年07月07日

紫陽花

MA304665_02_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6
300mm(換算600mm相当) F5.6 ISO200
SILKYPIX DSP5



「売られてしまったか?」説も流れそうになるほど長い期間アップしてこなかった、100-300mm F4.0-5.6です。

ときどき持ち出してはいるのですが・・・なかなかこれで撮るような被写体がありません。

久しぶりに使うとなかなか難しいですね。

E-M5の強力な手振れ補正でさえも撮影時にぐらつきますし、撮影してみると僅かなピンずれがありますし。

ですが超望遠の世界はうまく撮れれば楽しいですね。肉眼では見えない世界ですから。

次期メインボディは動体も行けるカメラにするつもりなので、このレンズにはまたいずれ活躍してもらいましょう。



ラベル:E-M5

お気に入り

MA304381_01_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
100mm(換算200mm相当) F2.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



使用頻度が激減している35-100mm F2.8です。

完全に42.5mm F1.2と75mm F1.8に食われてしまっていますが、私はこの35-100mmが今でもマイクロフォーサーズの中で一番のお気に入りだったりします。

お気に入りのレンズで撮るお気に入りの場所というのは、あたたかくていいものです。



ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 21:49| Comment(0) | 望遠ズーム LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

紫陽花の町

MA304632_01_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4
25mm(換算50mm相当) F4.0 ISO200
SILKYPIX DSP5



ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 23:05| Comment(0) | 標準レンズ LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レイノックスDCR-150 最大倍率比較 その1

以前リクエストを頂きまして、「やります!」と自信満々に(?)答えたにも関わらず放置しっぱなしになってしまっていた件、ようやくチラッと導入だけですがアップすることが叶いました・・・。

遅くなりまして申し訳ありません・・・。

今回のテーマはずばり『手持ちで比較!最大撮影倍率!』という超ラフなものです。
あくまでもちょっとした参考までに。

比較レンズは以下の通り(ボディは全てE-M5)。

1:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(AFとMF)
2:M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 + DCR-150
3:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 + DCR-150
4:LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 + DCR-150
5:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 MACRO


興味のある人は、続きからどうぞ〜


続きを読む
ラベル:DCR-150 E-M5

2014年06月10日

続ハワイ編 heat haze

Q2183776_24_s.jpg


OLYMPUS E-3 / ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6
150mm(換算300mm相当) F5.6 ISO100
SILKYPIX DSP5



ときどきハワイ島の景色を思い出します。

また、行きたいなぁ・・・と。




ラベル:海外編 E-3

2014年06月03日

大三元への道

M5265570_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
9mm(換算18mm相当) F5.0 ISO200
SILKYPIX DSP5



カメラ業界(?)で『大三元』というのは、いわゆるF2.8通しの広角・標準・望遠ズームのことを指します。

マイクロフォーサーズシステムでこれに当てはまるのは、現時点で発売されているものでいえば以下の通りです。

広角:無し

標準:LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8
   M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

望遠:LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8

というわけで現状、大三元に当てはまる広角ズームは発売されていません。
(ちなみに余談ですが、F4.0通しのズームは『小三元』と呼ばれ、広角ではパナソニックの7-14mm F4.0がそれにあたります。)
が、実は今後発売予定のレンズとして、オリンパスは最後の大三元 7-14mm F2.8 の開発発表をしています。

これ、発表段階では2015年度発売予定となっていたので、まだまだ先の話だと思っていましたが、最近ではぽつぽつと発売予定が早まったかのような噂が流れ始めています。

個人的にはこのレンズにものすごく興味があり、次に購入したいレンズNo.1なので、この噂は大歓迎!(予定外の75mmを買ってしまったので)お金ためなくちゃ・・・と思っていたのですが、同時に流れ始めた価格の噂を見て悩み始めました・・・。

噂によると、価格は(実売と思われますが)1799ドルとのこと。

ノ・・・ノクチクロンより高いじゃないですか・・・!

12万ちょいくらいを想定していたのですが、噂がもし本当で16万〜18万クラスのレンズとなると流石に躊躇します。パナのF4.0なら8~9万で買えますし。

あくまでも噂ですが、大三元コンプリートへの道は、マイクロフォーサーズといえども非常に険しいかもしれません・・・(苦笑)




ラベル:E-M5

2014年06月01日

青の時間

MA304484_02_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4
25mm(換算50mm相当) F2.0 ISO800
SILKYPIX DSP5



久しぶりの更新となりました。写真がたまっていく一方です・・・。


今日の更新は豪華単焦点3本立て!

25mmチビズミの夕景写真

42.5mmノクチの風景クローズアップ

オリ75mmの・・・スナップ?写真の3本です。


少し前までの機材使用状況は、35-100mmF2.8と、20mmF1.7が大半を占める状況だったのですが、最近はすっかり一変してしまいました。

35-100mmF2.8の出番が全くと言っていいほどありません・・・。

そりゃもう当たり前のことですが、ノクチと75mmに完全に食われています。

そして、20mmの方も最近では25mmチビズミに侵食され始めていて、ここ数回の撮影では今回の3本が撮影結果の8割を占めるような状態になっています。

割合的には・・・

42.5mm F1.2 が4割でメイン。
75mm F1.8 が2割。
25mm F1.4と20mm F1.7合わせて3割弱。
その他で1割。

といったところでしょうか。
今回写真を紹介した3本は、どれも画質重視の良いレンズです。


システム誕生から6年。マイクロフォーサーズも今ではすっかり単焦点レンズが揃って、楽しいシステムになりました。

あとは個人的には小型の 7mm F3.5 とか、画質重視の 100mm F2.8 Macro とか、そんなレンズが欲しいです。




ラベル:E-M5
posted by PIN@E-500 at 23:30| Comment(0) | 標準レンズ LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Going our way !

MA303348_06_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
75mm(換算150mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5




緑と赤

MA304281raws.jpg


OLYMPUS E-M5 / LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
42.5mm(換算85mm相当) F1.2 ISO200
OLYMPUS Viewer 3






ラベル:E-M5

2014年05月06日

マクロワールド

MA303678_03_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 / RAYNOX DCR-150
75mm(換算150mm相当) F3.5 ISO1250
SILKYPIX DSP5



久しぶりにマクロに没頭してみました。
・・・成果はこれ一枚ですが(苦笑)


私がマイクロフォーサーズでマクロレンズを買わない理由。
それは、1つにフォーサーズ用の50mmF2.0Macroを持っている私にとって『これぞ!』というマクロレンズがない点が挙げられますが、それよりももっと大きな理由が今回の撮影にも使っているレイノックスのDCR-150の存在です。

今までも何度も紹介していますが、とにかくマイクロフォーサーズ用レンズと相性が良いのです。

フィルターサイズ52mm径〜67mm径までのレンズであればワンタッチで取り付け可能。
マイクロフォーサーズレンズでは一番大きな口径のレンズでも67mm径です。
蹴られるかどうかは使ってみなければ分かりませんが、私の持っているレンズではほとんど使用可能な感じでした。

A:使って実用になったもの一覧
LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8
LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6

B:ズームレンジの一部で蹴られたものの使用可能なもの
LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6

C:(たしか)蹴られるもの
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

そのほかは試してないと思います。
私としてはマクロは望遠側でやるものだと思っているので、Aグループで使えれば問題なしですから。

75mmとの相性もばっちりで、とてもいい感じでした。


ラベル:E-M5 DCR-150

2014年04月30日

150mmF2.0に匹敵する超高画質

MA303287_05_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
75mm(換算150mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



やはり150mmF2.0のに匹敵することを売りにするだけのことはあります。

発売前のサンプルの時から感じていますが、この75mmは透明度がすごいですよね。

肉眼で見るよりもクリアな印象の写りをするレンズで、高い解像力と合わせてこれこそまさに150mmF2.0の特性そのものだと思います。




MA303365_07_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
75mm(換算150mm相当) F1.8 ISO200
SILKYPIX DSP5



「フルサイズなんていらない」かどうかはともかく、マイクロフォーサーズでも背景がとろけるようなボケを活かした写真が撮れ、しかも開放からこの超高画質。
とんでもなくバーゲンプライスなレンズだと感じました。



ラベル:E-M5

2014年04月29日

M.ZUIKO伝説の始まり

MA303382_11_s.jpg


OLYMPUS E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
75mm(換算150mm相当) F2.2 ISO100
SILKYPIX DSP5



なるほど、フォーサーズレンズのSHGレンズに匹敵するでしょう。

それがこのサイズで、です。
※全長69mmの重量305g。

「もっと早く買っておくべきだった・・・。」
「もう、フルサイズなんていらない・・・。」

それがこのレンズを使っての、ファーストインプレッションとなりました。


続く・・・。



ラベル:E-M5

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。